昭和以降の最年長再入幕果たした安美錦 白星発進 約1年半ぶりに「やっとここに戻ってきた」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/11/12

◇大相撲九州場所初日(2017年11月12日 福岡国際センター)

九州場所で昭和以降の最年長再入幕を果たした安美錦(39=伊勢ケ浜部屋)が琴勇輝を下して白星発進した。幕内での勝利は、昨年夏場所初日以来、約1年半ぶり。「やっとここに戻ってきた」と感慨深い表情を見せた。

押し相撲の琴勇輝を立ち合いから押し込んでの上手投げ。「いい相撲だったね。あんなの、稽古場でもやったことないよ」と自画自賛。現役最年長関取とは思えぬ、若々しい取り口は健在だ。

インタビューでは目頭がやや熱くなっているようにも見えた大ベテラン。左アキレス腱断裂から復活した姿をしっかりと見せ、支えてくれた人やファンに「いい相撲を取ることが恩返し。あしたからも頑張りたい」と力を込めた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

大相撲カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【報ステ】沈黙続ける貴乃花親方...改革と孤立2
ビール瓶暴行の横綱・日馬富士“酒乱”証言続々──西川史子「銀座泥酔騒動」との関係も
貴乃花親方なぜだ 診断書作成の医師“反論”重傷じゃない...出場できた貴ノ岩
通称「モンゴル銀行」? 日馬富士がビール瓶暴行の“モンゴル力士会”に、八百長説も......
横綱白鵬、暴行問題の日馬富士を擁護?「隠ぺい体質」相撲協会への不信の声も
  • このエントリーをはてなブックマークに追加