4、18日小学生以下入浴無料 博多区の温浴施設が「子ども風呂」

  • 西日本新聞
  • 更新日:2016/12/01

「子ども食堂」の取り組みにヒントを得て、小学生以下の子どもたちの入浴料を無料にする「子ども風呂」が4、18日の2日間、福岡市博多区の温浴施設「博多の森湯処 月の湯」である。

貧困などを理由に、食事だけでなく入浴も制限せざるをえない子どもたちを支援しようと、「月の湯」支配人の山下悟さん(46)が発案。今年の夏休みに初めて3日間行い、計約140人の子どもが訪れた。「気軽に裸の付き合いを楽しんでほしい」と山下さん。

無料になる時間帯は午後3~8時で、小学4年以下は保護者の同伴が必要(子どもだけでの入浴は午後5時まで)。自転車の安全な乗り方などが学べる自転車シミュレーターの無料体験会などもある。

=2016/12/01付 西日本新聞朝刊=

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「毎晩うるさい上階の住人。いつも謝ってくれるので文句言いづらいけど...もう限界」(兵庫県・20代女性)
大人気で完売していた《ニットクラッチバッグ》を再入荷でGET♪
「この老夫婦、40年前の姿が想像できたら神だと思う...」孫が見たら仰天しそうな写真
耳の上のくぼみ、あなたにはあるか!?100人に1人しか持たないこのくぼみ、実は・・・
【絶対にわからん】解けたら人類の限界を超えた目を持っていると判明する問題が世界中で話題に!!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加