日ハム武田久は300万円減の1500万円プラス出来高 3年で計2億2500万円減

日ハム武田久は300万円減の1500万円プラス出来高 3年で計2億2500万円減

  • フルカウント
  • 更新日:2016/11/29
No image

5試合登板で防御率14.54、昨年まで2年連続で減額制限超えダウン

日本ハムの武田久投手が、29日に札幌市内の球団事務所で300万円減の1500万円プラス出来高で契約更改した。

今季は7月22日に2年ぶりに1軍初昇格。5試合登板、0勝0敗セーブ、防御率14.54だった。昨シーズン中に両膝を手術し、昨季はプロ入り後初めて1軍登板はなかったが、プロ14年目も厳しいシーズンとなった。

武田久は昨オフに6200万円減の年俸1800万円プラス出来高でサイン。14年オフから2年連続で減額制限(年俸1億円以上は40%、1億円以下は25%)を超え、計2億2200万円ダウンとなっていた。3年間で2億2500万円ダウンとなった。

06年に最優秀中継ぎ投手、09、11、12年とセーブ王に輝いた。通算167セーブのベテランは再び輝きを取り戻すことができるか。(金額は推定)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
山口と森福が巨人入りへ! 過去FAで加入した投手陣を振り返る
阪神高山、進化へ掲げた課題 ボール球の見極め→三振減→出塁率アップ
糸井嘉男は阪神でも活躍できるか!? 過去にもいた「オリックス→阪神」の選手たち
稲村亜美、平沢をガチ勝負で三振!球審が「神判定」
各球団発表、12月2日の契約、退団、育成契約、入団テスト合格は?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加