日本初!野菜コンシェルジュ機能をもつ有機野菜宅配サイト「ココノミ」

日本初!野菜コンシェルジュ機能をもつ有機野菜宅配サイト「ココノミ」

  • @DIME
  • 更新日:2017/11/15

野菜の宅配サービスは既に数多く存在するが、購入者の好みにマッチした野菜を提案するという「野菜コンシェルジュ機能」を持たせた宅配サービスサイト『ココノミ』が、このたびオープンした。

日本初となる「野菜コンシェルジュ機能」の仕組みとメリットはどのようなものか、レポートしたい。

『ココノミ』は、神戸の(株)141&Companyの野菜宅配サービス『141select』(イチヨンイチセレクト)の名称・サービス内容を一新して、10月2日にリニュアルオープンしたサイト。農家を1軒1軒訪問し、選りすぐりの野菜だけを販売するという方針は、前身のサイトと変わらないが、各人の好みに合わせてぴったりの野菜を提案する「野菜コンシェルジュ機能」を搭載しているのが、大きな特徴。具体的には、まず初回購入の人は、トップページのメールアドレス欄に自分のメールアドレスを入力し、「お試し味覚診断」を受けるところから始まる。

No image

初回購入時は「お試し味覚診断」を受ける。

「お試し味覚診断」は、16の設問からなる簡単なウェブアンケート。質問内容は「友人たちと沖縄旅行を計画。どちらがワクワクする?」や「仕事が一段落して休憩タイム。どちらを飲みたい?」といったもので、2つ用意された回答のどちらかを選んでゆくというもの。購入者の深層心理から隠れた嗜好を探るためなのだろう、「ブロッコリーとカリフラワーのどちらが好き?」というようなダイレクトな質問はない。

No image

診断の際には、簡単な2択形式の質問に答えてゆく。

最後まで答えてゆくと、診断結果が表示される。筆者が診断を受けてみたところ、その結果は「見た目も味もグレードアップしたい高級志向のあなたは『本格コク旨・レアタイプ』」と出た。

No image

16の設問を答えると診断結果が表示

診断結果画面を下へスクロールすると、自分の好みにマッチした野菜7品目がリストアップされている。そして最後に購入決定ボタンがあり、購入すると決めた場合、会員登録画面に進む。その後のプロセスは、ふつうの通販サイトとほぼ同じ。

筆者に提案された野菜は、『實田さんのきたあかり』、『山口さんの新しょうが』など7品目。初回購入は、「トライアルセット」という扱いで、品目を変えることはできない。トライアルセットは、税・送料込で1058円。本来は約2500円相当とのことで、お買い得感は大きい。

トライアルセットは、原則直近の土曜日に宅配されてくる。筆者宅にクール便で届いたのが、以下の野菜たち。

No image

『本格コク旨・レアタイプ』の筆者に届けられた7種の野菜

同封の説明書には、それぞれの野菜について解説がなされている。例えば、奈良県御所市が産地の『奥野さんのミニ白菜』は、「名前には『ミニ』とありますが、その大きさに驚く奥野さんのミニ白菜。お鍋にはもちろん、ロールキャベツならぬ、ロール白菜にもぴったりです」とある。野菜はどれも新鮮で、おいしそうだ。トライアルセットといっても、分量はそれなりにあるので、鮮度が失われる前にどんな料理に使うか考えておいたほうがよいだろう。

トライアルセットの野菜を食べたら、『ココノミ』のウェブサイトにある「味覚カルテ」で各野菜の評価を記す。これに基づき、次回届けられるおすすめ野菜が提案される、というふうに「野菜コンシェルジュ」が各人の好みを学習し、より好みにぴったりの野菜が選ばれるようになってゆくという仕組み。家族の規模に応じて、「7品提案プラン」、「12品提案プラン」、「18品提案プラン」があるが、完全にお任せでなく、1品単位でほしい野菜を変更できる。また、配送サイクルは毎週か隔週を選べるが、旅行で長く不在といった場合は、一時的に配達を休止することもできる。

ちなみに、『ココノミ』で扱う有機野菜は、『テロワール野菜』と呼ばれる。これは、ワイン業界でブドウ畑の土壌や気候風土のことを「テロワール」と呼んでいることにちなんだもので、自然の中で磨き上げられた、優れた個性を持つ野菜に対する呼び名である。その名にふさわしく全ての野菜は、厳選された農家が育てた無農薬・無化学肥料・露地栽培で育てた旬のものばかり。こんな、こだわりの野菜に興味を持ったら、まずはトライアルセットにチャレンジしてみるとよいだろう。

協力/株式会社141&Company

文/鈴木拓也
老舗翻訳会社の役員をスピンオフして、フリーライター兼ボードゲーム制作者に。英語圏のトレンドやプロダクトを紹介するのが得意。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

グルメ総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「さすが本場、ドイツのスーパーマーケットはビールの陳列が一味違う!」アートを感じる店内写真
エンケイどうした......? 世界的ホイールメーカーが新規開発した「餃子」の謎
辻希美、食事ネタでやっぱり...愛情のこもった手作り料理にまたも批判の嵐
「うちのおばあちゃんが使っているバター容器を見て...かわいいと思った」
群馬初開催!全日本ラーメン選手権 in 伊勢崎
  • このエントリーをはてなブックマークに追加