DeNA佐野“第3捕手”ラミ監督が打撃評価「使い勝手広がる」

DeNA佐野“第3捕手”ラミ監督が打撃評価「使い勝手広がる」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2018/02/14

2年目のDeNA・佐野が今キャンプ初めて捕手として投内連係など守備練習をこなした。ラミレス監督は「(佐野は)打撃は素晴らしい。緊急時の捕手ができれば使い勝手も広がる」と説明した。

No image

挟殺プレーで捕手のポジションに入った佐野

試合中に故障者が出た際など緊急の「第3捕手」で備えることができれば、本職の捕手を3人から2人に減らせる。広陵高と明大2年まで捕手だった佐野は「可能性があるならどんなことにも挑戦したい。“何かあった時には”と言われています」と話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
清宮、中村、安田――注目の高卒ドラ1トリオの“本当の評価”
他競技と新たなコラボを――選手会副会長・薗田峻輔が考えるツアー改革
奨成19日実戦デビュー「失敗を恐れずに思い切ってやりたい」
現役最強の“春男”は誰だ!?
ベースボールキング
大谷翔平、投手コーチに続き、打撃コーチも「完璧」と太鼓判
  • このエントリーをはてなブックマークに追加