手から火を出す対戦ゲームも! ハウステンボスに"VR・AR常設パーク"登場

手から火を出す対戦ゲームも! ハウステンボスに"VR・AR常設パーク"登場

  • マイナビニュース
  • 更新日:2016/11/30

ハウステンボス(長崎県佐世保市)はこのほど、第7の王国(エリア)である「夢と冒険の王国」の開幕に向けて、VR(仮想現実)やAR(拡張現実)コンテンツを常設する日本最大のテーマパークとして本格展開する、と発表した。同社では、新王国のコアコンテンツにVR・ARを位置づけるとともに、来春より約30種類のコンテンツを体験できる環境を順次整備していくという。

No image

VR×お化け屋敷の日本初アトラクション「VRホラーハウス」

同社は、2014年に業界初のVRゲームの常設アトラクションを開設。2015年にはAR技術を活用して、プレイヤーが腕から炎を放ちモンスターを倒すアトラクションを導入した。2016年現在では、VR技術とお化け屋敷を融合させた新感覚の恐怖体験ができる日本初の常設ホラーアトラクションなどを展開している。

No image

腕から火を放つ対戦型ARアトラクション「サモナーバトル」

2017年においても既存施設を改修し、VR・AR技術を活用した新感覚の恋愛アトラクションや壮大なSFアトラクション、世界中のAR・VR技術を一堂に集める施設などを開設する。また、2016年1月に取得した大村湾の無人島長島(西海市)を活用した「夢と冒険の王国」の始動プロジェクトを進めており、同王国でもAR・VR技術を活用したアトラクションを導入する構想も進めている。なお、2017年の新規事業計画については詳細が決まり次第、改めて告知する、としている。

コンテンツ総数は、8コンテンツ(2016年11月1日現在)。コンテンツ利用者は、累計50万人。主なコンテンツは、VR×お化け屋敷の日本初アトラクション「VRホラーハウス」、腕から火を放つ対戦型ARアトラクション「サモナーバトル」などとなる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ユニクロで名字変えバイトしていたジャーナリスト、潜入ルポ発表後にいつも通り出勤 解雇を言い渡される
ユニクロに1年潜入取材してみた!
ユニクロ潜入記者 横田氏解雇される
米国の新たな法律により、コードのクルマが2017年に復活
安全性の違いに驚きの声! アメリカ産対メキシコ産の日本車が正面衝突
  • このエントリーをはてなブックマークに追加