ユダヤ人少女がナチス少年の心を動かす!タイカ・ワイティティ新作「ジョジョ・ラビット」予告公開

ユダヤ人少女がナチス少年の心を動かす!タイカ・ワイティティ新作「ジョジョ・ラビット」予告公開

  • 映画.com
  • 更新日:2019/11/22
No image

空想上の友達はヒトラー! (C)2019 Twentieth Century Fox

第44回トロント国際映画祭で最高賞にあたる観客賞に輝いた、タイカ・ワイティティ監督作「ジョジョ・ラビット」の日本版予告編が公開された。ナチスに教化された主人公の少年ジョジョが、自宅に匿われていたユダヤ人の少女と運命の出会いを果たすさまを映し出す。

マイティ・ソー バトルロイヤル」を手掛け、独特のセンスと創造力で人気を集めるワイティティ監督と、4度のアカデミー賞作品賞に輝き、今年で創立25周年を迎えるFOXサーチライト・ピクチャーズがタッグを組む本作。第2次世界大戦中のドイツを舞台に、戦時下で生きる人々の喜びと人生の真実を、ユーモアを交えて描き出す。

No image

立派な兵士を夢見て青少年集団ヒトラーユーゲントに入団した10歳のジョジョ(ローマン・グリフィン・デイビス)は、空想上の友だち・アドルフ(ワイティティ)に小さな背中を押されながら奮闘していた。そんなある日、自宅の壁の裏でユダヤ人の少女エルサ(トーマシン・マッケンジー)を見つけてしまう。“ユダヤ人は悪い”と教えられてきたが、愛情深い母親ロージー(スカーレット・ヨハンソン)が匿っていたエルサは聡明で勇敢、そしてユーモアにあふれていた。それまで信じていた景色が揺らぎ、ジョジョの世界が大きく動き始める。

No image

予告映像では、ジョジョ、エルサのほか、ジョジョにとって憧れであり強敵でもある陽気な教官クレンツェンドルフ大尉(サム・ロックウェル)や、唯一の“実在の友だち”ヨーキー(アーチー・イェーツ)、さらには「憎しみは勝ちはしない。愛が最強の力よ」と大きな包容力でジョジョを抱きしめる母・ロージーらの姿が収められている。

脚本も担当したワイティティ監督は「憎悪と偏見についての直球の映画にしたくはなかった。だから、脚本には全く自制をかけなかった。言うべきことを言うにはひるまずに決死の覚悟で書かなくてはいけない。危険の無いものなら、私がやる価値も無い。大コケするかもしれないリスクを背負って必死になれば、最高に創造的で先進的な表現が出てくるからね」と、本作への思いを語っている。

ジョジョ・ラビット」は、20年1月17日から全国で公開。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
円谷史上最大の祭典「TSUBURAYA CONVENTION 2019」が明日開幕!
タイ、オーストリア、日本が舞台の映画ぬくもりの内側がバンコクでクランクアップ
ヒドすぎて、狂おしい。 愛すべきサイテー映画『死霊の盆踊り』HDリマスター版 予告編[ホラー通信]
12月12日の注目映画第1位は『屍人荘の殺人』
神木隆之介、浜辺美波、中村倫也らが挑む“新感覚ミステリー” 『屍人荘の殺人』本日より公開
  • このエントリーをはてなブックマークに追加