元関脇の十両安美錦が5勝目「思ったことができた」

元関脇の十両安美錦が5勝目「思ったことができた」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/09/16
No image

上手投げで東龍を破った安美錦(左)=両国国技館(撮影・出月俊成)

「大相撲秋場所・7日目」(16日、両国国技館)

元関脇で東十両2枚目の安美錦(38)=伊勢ケ浜=が東龍(玉ノ井)を上手投げで下し、連勝で5勝目(2敗)を挙げた。立ち合い、左に変わり、左上手を取ると右手で相手の首を抑えて、豪快に投げ落とした。

「左から攻めるのは考えていた。差してくるから差されないようにと差し手を封じようと思った。思い切っていこうと。思ったことができた」と、体が自然と反応した。

昨年夏場所で左アキレス腱を断裂して途中休場。同名古屋場所も休場して幕内を陥落。十両7場所目で勝ち越せば、幕内帰り咲きも視界に入る。

「自信があれば正面から取っているよ。自信がないから思い切ってやるしかない」と、培った経験、技術を駆使し白星を重ねている。「台風が近づいているから体の色んなところが痛い。台風が来たら休場するかも」。台風すら感知する体は反応が良さそうだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

大相撲カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
朝乃山9勝、三賞&史上初新入幕幕尻V可能性残した
【玉ノ井親方・視点】豪栄道 また悪癖...引いて墓穴 攻めなきゃ
朝乃山103年ぶり新入幕Vへ奇跡起こす 大混戦...残り2日でV圏内16人!?
日馬富士に自力V復活「1人横綱」覚悟が呼び込んだ
炎鵬 歴代4位タイのデビュー21連勝、三段目優勝決定戦へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加