ソフィア・コッポラ監督 最新作 『The Beguiled /ビガイルド 欲望のめざめ』 2018年2月 全国公開

ソフィア・コッポラ監督 最新作 『The Beguiled /ビガイルド 欲望のめざめ』 2018年2月 全国公開

  • TOKYO WISE
  • 更新日:2017/11/13

ソフィア・コッポラ監督 最新作 『The Beguiled /ビガイルド 欲望のめざめ』 2018年2月全国公開

2017.11.13

CLIPPING

No image

© The Beguiled /ビガイルド 欲望のめざめ

1999年に公開された『ヴァージン・スーサイズ』、日本で撮影された『ロスト・イン・トランスレーション』(2003)、『マリー・アントワネット』(2006)、そして『SOMEWHERE』(2010)などの注目作を発表し続けてきたソフィア・コッポラの最新作がやってきた。今回は、ポップやガーリーな世界を描き続けたソフィアの新境地、極上のスリラー作品となっている。本年のカンヌ国際映画祭ではコンペティション部門に出品され、みごと監督賞を受賞した作品だ。そして、ニコール・キッドマンはじめ、エル・ファニング、キルスティン・ダンスト、そしてコリン・ファレルといった豪華キャストも必見。

ストーリーは、アメリカ南部の世間から隔絶された女子寄宿学園が舞台。そこに暮らす美しき女性7人は、ある日、負傷した北部の敵兵に遭遇し屋敷へと運び手当をする。女性に対し紳士的でかつ美しい男性と触れ合う中で、誰もが彼に心を奪われていく。しかし、次第に彼女たちは情欲と危険な嫉妬に支配されてしまう。秩序を守るか、欲望を取るか、彼女たちが最後に下した決断とは―?
原作となったトーマス・P・カリナンの小説「The Beguiled」は、ドン・シーゲル監督、クリント・イーストウッド主演で1971年に『白い肌の異常な夜』として映画化されている。ソフィアの場合は女性の視点から描き、「女性のダークさ」で魅せる作品に仕上げているそう。いやはや、来年の楽しみがもうできてしまった。

(Text:TOKYOWISE編集部)

<映画情報>
『The Beguiled /ビガイルド 欲望のめざめ』
監督:ソフィア・コッポラ
出演:ニコール・キッドマン、エル・ファニング、キルスティン・ダンスト、コリン・ファレル、他
提供:東北新社
配給:アスミック・エース/ STAR CHANNEL MOVIES
原題:『The Beguiled』
2017/アメリカ/93分/英語/ヨーロピアンビスタ/ドルビーデジタル
(C)2017 Focus Features LLC. All Rights Reserved.
http://beguiled.jp/

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
満島真之介が感慨深げ “園組”に俳優で参加し「ずっとやりたかった」
誰も知らない、全く新しい「サザエさん」爆誕
橋本マナミ、濃厚な“濡れ場”を熱演! 映画『光』より場面写真解禁
『曇天に笑う』主題歌にサカナクション!異例の楽曲完成を祈願するコメントが監督や福士蒼汰から到着
「がっこうぐらし!」実写映画化が決定、公開時期は2018年を予定
  • このエントリーをはてなブックマークに追加