広島新庄vs広島工大高

広島新庄vs広島工大高

  • 高校野球ドットコム
  • 更新日:2017/11/12

珠玉の投手戦を制し、広島新庄が1年生大会連覇へ王手!

No image

桑田 孝志朗(広島新庄)

1年生大会連覇を狙う広島新庄と1回戦で如水館との乱打戦を制して準決勝進出を果たした広島工大高が相対する準決勝第2試合。

先攻・広島新庄、後攻・広島工大高。先発は広島新庄桑田 孝志郎広島工大高が中間 壮史。

1回表、広島工大高先発の中間 壮史は三者凡退スタート。続いて1回裏、マウンドに上がった広島新庄先発の桑田 孝志郎は投球練習の段階で140km/hを計測し、スタンドからどよめきが湧きあがった。二死後、四球で走者を許した桑田だったが、続く4番大道 俊公を打ち取り、無失点。両投手ともに上々の滑り出しとなった。

2回裏一死後、6番伊藤 光希がライト線にしぶとく落とす二塁打を放つ。一死二塁と絶好の先制機を迎えるも、後続が倒れ、先制成らず。

ピンチを凌いだ広島新庄は直後の3回裏二死後、9番二角 凛海が死球で出塁。すかさず二盗を決め、二死二塁とこちらも先制のチャンスを作るもあと一本が出ず。

その後も走者が出る場面はあったものの、桑田 孝志郎、中間 壮史の両投手が快投を見せ、次々とスコアボードに「0」を刻みこんでいく。

試合の均衡が破れたのは8回表。この回先頭の9番二角 凛海が内野安打で出塁し、この試合2つ目となる二盗成功。更に捕手からの送球が乱れる間に二角は三塁へ。一死三塁となり、1番松本 英士がすかさず犠飛を打ち上げる。足を絡めた攻撃で広島新庄が待望の先制点を奪う。

No image

中間 壮史(広島工大高)

追いかける広島工大高は直後の8回裏、二死を奪われた後、打席に向かった1番梶本 周吾が中越えの二塁打。クッションボールの処理が遅れるのを見逃さず、一気に本塁を狙ったが、本塁タッチアウト。積極果敢な走塁が裏目に出る形となった。

9回裏二死後、4番を担う主砲・大道 俊公が右前打を放ち、意地を見せた広島工大高だったが、反撃及ばず。桑田 孝志郎の5安打完封勝利で昨年に続く、1年生大会決勝進出を果たした。

広島新庄先発の桑田 孝志郎は三次きんさいスタジアムのスピードガンで130km/h半ばをコンスタントに計時する直球と打者のタイミングを外す緩いカーブで緩急自在の快投を披露。勝負所で投じる直球は140km/hに達し、能力の高さを存分に見せつけた。

敗れた広島工大高の先発・中間 壮史もランナーケアを怠らない丁寧なマウンド捌きで凡打の山を築き上げた。1年生とは思えない落ち着きと「上手さ」を感じさせる投球で来春以降の活躍も期待できそうだ。

両チーム合わせて失策はわずかに1。両投手のパフォーマンスを筆頭に「1年生大会」であることを忘れてしまう程の完成度の高さだった。

広島新庄は11月18日、広陵との決勝戦に臨む。今夏の決勝、今秋の初戦と広陵に連敗している広島新庄。来春以降に弾みをつけるためにも「リベンジ」を果たしたいところだ。

(文=井上幸太)

注目記事

2017年秋季大会 特設ページ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
オリックス・吉田正 腰手術へ“リアルブラックジャック”にお任せ
情報戦でV奪回!巨人に『侍の頭脳』志田宗大スコアラー招へいへ
京大卒のロッテ戦力外田中、引退し三井物産へ就職
セ新人王の2位票「阪神・大山49票」「横浜DeNA浜口27票」を巡って騒動
巨人 西武からFAの野上調査へ DeNA、残留も含め争奪戦
  • このエントリーをはてなブックマークに追加