三浦大知「MTV VMAJ」大トリで圧巻ダンス “最優秀アーティスト賞”受賞でさらなる意気込み

三浦大知「MTV VMAJ」大トリで圧巻ダンス “最優秀アーティスト賞”受賞でさらなる意気込み

  • モデルプレス
  • 更新日:2018/10/10

三浦大知/モデルプレス=10月10日】アーティストの三浦大知が10日、東京・新木場STUDIO COASTにて開催された、年間の優れたミュージックビデオを表彰する音楽アワード「MTV VMAJ 2018 -THE LIVE-」に出演した。

No image

(写真 : 三浦大知(提供写真))

【動画を見る】“最優秀アーティスト賞”三浦大知の「Be Myself」

◆三浦大知「僕でいいんですか?」受賞に戸惑い?

特別賞である「最優秀アーティスト賞」を受賞した三浦は、パフォーマンス前に会場に登場すると、開口一番「僕でいいんですか?」とまさかの言葉。

受賞に戸惑いを見せていたが、「今年は成長もチャレンジもした年だったので、そういうところを評価していただいたのは嬉しいです」と素直に喜びを表した。

そして「三浦大知チームで、誰も見たことないようなものをできたらいいなと思って頑張っています」とさらなる意気込みを語った。

◆三浦大知、大トリで圧巻ダンス

イベントのラストを飾った三浦は「Be Myself」「飛行船」を続けて披露。

圧巻のダンスに観客は息を呑んでステージに釘付け。パフォーマンスが終わると、歓声や拍手が“三浦大知チーム”を包んだ。

◆“ミュージックビデオの祭典”「MTV VMAJ」

「MTV VMAJ」は、伝統ある「MTV Video Music Awards」の日本版として2002年以来開催している音楽アワード。多岐にわたる部門において最も優れた作品を発表する“ミュージックビデオの祭典”。

17回目を迎える今年は、昨年同様、日本をはじめ各地域のMTVクリエイティブディレクターから構成される選考委員会が、「世界基準の優れたミュージックビデオを選ぶ」という観点のもと、各部門の最優秀作品を選出。イベントでは、受賞者及び豪華アーティストが集結した。(modelpress編集部)

■「MTV VMAJ 2018」受賞作品一覧

最優秀邦楽男性アーティストビデオ賞「Best Male Video -Japan-」

・米津玄師「Lemon」(山田智和)

最優秀洋楽男性アーティストビデオ賞「Best Male Video -International-」

・SHAWN MENDES「In My Blood」(Jay Martin)

最優秀邦楽女性アーティストビデオ賞「Best Female Video -Japan-」

・aiko 「ストロー」(ウスイヒロシ)

最優秀洋楽女性アーティストビデオ賞「Best Female Video -International-」

・ARIANA GRANDE「No Tears Left to Cry」(Dave Meyers)

最優秀邦楽グループビデオ賞「Best Group Video -Japan-」

・欅坂46「アンビバレント」(新宮良平)

最優秀洋楽グループビデオ賞「Best Group Video -International-」

・BTS (防弾少年団)「FAKE LOVE」(YongSeok Choi)

最優秀邦楽新人アーティストビデオ賞「Best New Artist Video -Japan-」

・Official髭男dism「ノーダウト」(かとうみさと)

最優秀洋楽新人アーティストビデオ賞「Best New Artist Video -International-」

・MARSHMELLO & ANNE-MARIE「Friends」(Hannah Lux Davis)

最優秀ロックビデオ賞「Best Rock Video」

・WANIMA「ヒューマン」(黒田賢)

最優秀オルタナティブビデオ賞「Best Alternative Video」

・DEAN FUJIOKA「Echo」(二宮健)

最優秀ポップビデオ賞 「Best Pop Video」

・星野 源「アイデア」(関和亮)

最優秀ヒップホップビデオ賞「Best Hip Hop Video」

・SKY-HI「Marble」(Spikey John)

最優秀ダンスビデオ賞 「Best Dance Video」

・BLACKPINK「DDU-DU DDU-DU」(HYUN SEUNG SEO)

最優秀アートディレクションビデオ賞「Best Art Direction Video」

・星野 源「アイデア」(関和亮)

最優秀撮影賞 「Best Cinematography」

・Little Glee Monster「世界はあなたに笑いかけている」(大久保拓朗)

最優秀振付け賞 「Best Choreography」

・E-girls「Show Time」(久保茂昭)

最優秀ビデオ賞「Best Video of the Year」

・上記16部門の中で最も視聴者投票の多い作品に贈られる。

【特別賞】

「SAS Lifetime Achievement Award Japan」

・サザンオールスターズ

最優秀アーティスト賞「Artist of the Year」

三浦大知

最優秀アルバム賞「Best Album of the Year」

・宇多田ヒカル「初恋」

レジェンド・アワード

・クイーン

※ビデオ・タイトルのあとの( )内はディレクター名。

【Not Sponsored 記事】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

音楽カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
『いきものがかり吉岡聖恵のオールナイトニッポン』、一夜限りの復活
ONE N’ ONLY、CDデビュー前にも関わらず東名阪Zeppツアーが大盛況
BUMP OF CHICKEN、映画『億男』主題歌「話がしたいよ」MV公開
「21世紀のビートルズ」。BTS(防弾少年団)を、イギリスのマスコミが絶賛
吉岡聖恵、“いきものがかり”メンバーレギュラーラジオ番組に続々出演決定!!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加