白砂が敷き詰められたフロアで読書? 「星野リゾート」のカフェで過ごす秋

白砂が敷き詰められたフロアで読書? 「星野リゾート」のカフェで過ごす秋

  • CREA WEB
  • 更新日:2016/10/19

白砂の敷き詰められたカフェが熱海に登場

CREA11月号の特集は「喫茶店とカフェがそこにある幸せ」。喫茶店の定番メニューや名曲喫茶、みんなの行きつけなど、コーヒーと過ごす幸せな時間を紹介している。星野リゾートにも、特徴的なカフェやラウンジがいっぱい。この秋楽しめるとっておきのカフェを紹介していこう。

No image

「ソラノビーチ Books & Cafe」は、リゾナーレ熱海11F。10:00~23:00(L.O. 22:30)

熱海の海と街のパノラマが眼下に広がる「星野リゾート リゾナーレ熱海」。温泉とおいしい海の幸に癒やされるこのリゾートの最上階に、2016年9月、「ソラノビーチ Books & Cafe」がグランドオープンした。

白砂が敷き詰められたフロアにビーチチェアやカバナが設置された空間は、まるで空に浮かぶビーチのよう。この空間をデザインしたのは、国際的に活躍する建築家ユニット「クライン ダイサム アーキテクツ」。スタイリッシュでありながらリラックスできるスペースは、リゾートホテルならでは。

No image

約600種の本が自由に閲覧でき、購入も可能。

フロアの中心に設置されたブックシェルフには、海をテーマにした写真集や、旅のヒントになるような本を中心に、約600種の本が並ぶ。海風を感じながら読書が楽しめ、書籍を購入することも可能。ビーチにいるかのような雰囲気で、くつろぎながら読書できるのはうれしい。

No image

21時以降はバータイム。落ち着いた雰囲気でゆっくりと過ごせる。

またカフェにはご当地らしいドリンクやお菓子を用意。シトラスとキウイのスムージーや海をイメージしたオリジナルコーヒー、静岡茶を使用した煎茶ラテなどのドリンクのほか、熱海市内にある洋菓子店「KASHI KICHI」とのコラボレーションによる焼き菓子も。

そして21時以降は、大人のためのバータイム。より落ち着いた雰囲気で、熱海の夜景とともにドリンクを楽しめる。

星野リゾート リゾナーレ熱海
所在地 静岡県熱海市水口町2-13-1
電話番号 0570-073-055(リゾナーレ予約センター)
http://risonare-atami.com/

秋の奥入瀬でりんごスイーツに舌鼓

No image

ラウンジ「森の神話」は2016年11月24日(木)の12:00まで。ティータイム 8:00~18:00(L.O. 17:30)、バータイム 20:00~23:00(L.O. 22:30)

奥入瀬渓流のほとりに佇み、八甲田から湧き出る豊富な温泉が魅力の「星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル」。

その名物のひとつが岡本太郎による巨大暖炉があるラウンジ「森の神話」だ。大きな窓と開放的な空間でさまざまなりんごのスイーツが楽しめるこのラウンジに、この秋、新登場のメニューが。

No image

“りんごのフォンダンショコラ とろけるホワイトチョコレート仕立て” 1,300円。

それが“りんごのフォンダンショコラ”。りんごの形をしたチョコレート生地の中からは、熱々のホワイトチョコレートがあふれ出す。このホワイトチョコレートにはりんごの果肉が入っており、チョコレートの甘さとりんごの酸味の絶妙なハーモニーが味わえる。

No image

“りんごのフルーツグラタン”1,300円。

秋限定のメニュー“りんごのフルーツグラタン”も絶品。こちらはまろやかなアーモンドクリームの上にりんごをたっぷり並べて、じっくりと焼き上げたホットスイーツ。温かいグラタンに添えられたアイスクリームを絡めながらいただくのは至福のとき。

No image

“幸福林檎のミルフィーユ”1,300円。

ほかにも「森の神話」にはりんごをふんだんに使ったスイーツが。人気No.1の“幸福林檎のミルフィーユ”は、薄切りのりんごとパイを重ねて作り上げる、サクサクの食感が楽しいミルフィーユ。1日限定10食の、りんごのお酒カルヴァドスを使った“りんごのクリスタル”も試してみて。

星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル
所在地 青森県十和田市大字奥瀬字栃久保231
電話番号 0570-073-022
http://www.oirase-keiryuu.jp/

軽井沢に青空図書館がオープン!

No image

青空のもと読書が楽しめる「紅葉図書館」は2016年11月6日(日)まで、10:00~17:00開館。

大正時代に文豪や芸術家が集い、文化的土壌が育まれてきた「軽井沢星野エリア」。その玄関口にある、自然と文化が調和した小さな街「ハルニレテラス」。100本以上のハルニレの木立の中に、15の個性的なショップやレストランが並ぶくつろぎのエリアだ。

読書の秋、紅葉で美しく彩られるこのハルニレテラスに、「紅葉図書館」が開館する。秋だけ特別に開館するこの図書館は、軽井沢、自然、旅といったキーワードに関する本が約200冊並び、日常から離れてのんびりとページを繰ることができる青空図書館だ。

No image

「丸山珈琲」は8:00~20:00。紅葉ライトアップは2016年11月6日(日)まで、17:00~21:00。

屋外でも読書を楽しめるが、ハルニレテラス内にある「丸山珈琲」の店内で、秋限定のブレンドコーヒーやホットカクテルをいただきながら読書というのもいい。

日常ではなかなか読書する時間がないという人も、旅先でおいしいコーヒーを飲みながら、じっくり読書に没頭できるのは贅沢な時間だ。また夕暮れになればライトアップが紅葉を美しく照らし出す。紅葉を眺めながらの読書も趣があるというもの。

No image

「星野温泉 トンボの湯」紅葉キャンドルは10月22日~11月6日、17:00~23:00。

さらに敷地内の「星野温泉 トンボの湯」では、夕方から“紅葉キャンドル”が揺らめき、露天風呂は幻想的な光景に。読書に浸ったら、今度は温泉にゆったり浸かろう。秋の深まりを感じる旅になりそうだ。

軽井沢星野エリア ハルニレテラス
所在地 長野県軽井沢町星野
電話番号 0267-45-5853
http://www.hoshino-area.jp/

旅先のカフェでくつろぐひととき。秋の旅にさらに至福の時間をもたらしてくれそうだ。

文=榎本市子

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

お店カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
大人気「夢100」が新宿でコラボカフェをオープン!
松屋フーズ、とんかつ専門店にて「デミかつ定食」新発売
1300円のドーナツに感動する / 世界でいちばん上品で大胆なドーナツを東京で
今すぐ予約するしかない!東カレ読者に豪華トリュフご飯を無料プレゼント!
罪悪感ゼロのカップケーキ! ブラウンシュガーファーストのポップアップショップが期間限定OPEN

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加