昌子源が明かすアジア制覇への想い「鹿島はいろんな国内タイトルを獲ってきたが...」

昌子源が明かすアジア制覇への想い「鹿島はいろんな国内タイトルを獲ってきたが...」

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2017/12/06
No image

2年連続でベストイレブンを受賞した昌子。来季のリーグタイトル奪還とACL制覇を誓った。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

「2017Jリーグアウォーズ」が12月5日、横浜アリーナで行なわれた。ベストイレブンでは鹿島のDF昌子源が2年連続で受賞し、準優勝に終わったリーグ戦での巻き返しとともに、来季再び挑戦権を得たACLについても意欲を語った。

昌子は授賞式後の会見で、「今季は鹿島でひとりだけフルタイムで試合に出られたこともあって、非常に責任も感じている。もちろん、来年も全試合フルタイムで出られるよう努力したいし、しっかり優勝に導けるような選手になりたい」と、来季の全試合フルタイム出場と王座奪還を誓った。

また、来季再び挑戦権を得たACLについては、「鹿島はリーグや天皇杯などいろんな国内のタイトルを獲らせてもらってきたが、唯一ないのがACLのタイトル。今シーズンも目標として掲げてきたが達成できなかったので、来年は個人としても優勝に導けるように頑張りたい」と、今季はベスト16で終わった大会への想いの強さを明かしている。

さらに、12月6日から開幕するクラブワールドカップに参加する浦和に対してコメントを求められると、「昨年の経験は個人としてもクラブとしても、プラスに働いている」と、レアル・マドリーと対戦した前回大会を思い返すとともに、「(浦和には)日本の代表として、優勝という目標を持っていると思うので、そこに向けて頑張ってほしい」と、大会に挑むライバルにエールを贈った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【クラブW杯】浦和はなぜあっけなく敗れたのか? ACL決勝後から抱えていた矛盾
日本リーグ男子 1st結果
アジア王者浦和、UAEで開催国以上の人気 大会スタッフが証言「浦和と鹿島は有名」
最終節に帰ってきたエース...V逸の責任背負う清水ユースFW平墳迅「勝ちロコがしたい」
五輪マスコット投票開始

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加