U21代表 第2戦タイ戦は先発4人変更へ 勝てば1次リーグ突破も

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2018/01/12

U―23アジア選手権(中国・江蘇省江陰)に参加しているU―21日本代表は、13日に1次リーグ第2戦・タイ戦に臨む。試合前日の12日は試合会場の近くのグラウンドで紅白戦やセットプレーの確認などを行った。

先発は1―0で辛勝した初戦のパレスチナ戦から、4人が変更される見込み。3―4―3の2シャドーの位置には、パレスチナ戦で途中出場だったMF高木彰人(20=G大阪)が入った。「ミーティングをしっかりして、みんなで意思疎通してイメージは合わせてきている」。初戦は前半20分に先制点を取った後から攻めあぐねた。2シャドーがマンマークに付かれて苦戦する場面も多く、改善点を話し合ってきたことを強調した。

勝てば1次リーグ突破が決まる可能性もある一戦。「1トップ(の布陣)なので、ボールが入ったらサポートを速くしないと孤立してしまう。2シャドーと1トップの距離感だったり、いい関係性を持たないといい攻撃はできない。そこはしっかりやっていきたい」と意気込んだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
高校サッカー育ちのAリーガー。日豪ハーフの20歳、コナー・オトゥールの人生を変えた出会い
森保ジャパン、送り込んだ選手を信じた指揮官と期待に応えた選手たち
青学原監督カヌー薬物混入は「論外」 「日本人の真面目さ勤勉さ否定する行為」
小野&稲本“ミシャ流”歓迎!ペトロ新監督の指導法を絶賛
サーフィン五十嵐カノア18年強化指定に内定
  • このエントリーをはてなブックマークに追加