サッカーW杯予選が大荒れ 「まさかの敗退」や「まさかの逆転ゴール」

サッカーW杯予選が大荒れ 「まさかの敗退」や「まさかの逆転ゴール」

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2017/10/11

2018年ロシアW杯(ワールドカップ)の最終予選が荒れに荒れている。最終戦までもつれ込んだ南米予選では、前節終了時点で出場圏外の6位だったアルゼンチン代表が、メッシのハットトリックで大逆転のW杯出場を決めた。前節3位のチリ代表はこれで、6位に転落。欧州予選のA組では、前回大会3位のオランダ代表がW杯出場を逃し、永らくチームを支えたロッベンが引退を表明した。

No image

ネット上では、チリのサンチェス、ビダルらがいないW杯に「チリ終わった サンチェス、ビダルが...」、ロッベンの引退に「一時代に幕って感じですね...」と悲しみの声が広がった。

チリ敗退で「W杯半分見る価値なくなった」

ロシアW杯・南米予選の最終節が2017年10月11日(日本時間)、行われ、6位のアルゼンチン代表は敵地で8位のエクアドル代表と対戦した。

前節終了時点で勝ち点25のアルゼンチンが、W杯出場圏の4位以上、最低でもプレーオフ進出権を得られる5位に滑り込むためには、勝利が絶対条件だった。だが開始1分、エクアドルのイバーラがオルドニェスとのワンツーで抜け出し先制点を挙げる。アルゼンチンはこれで、最低でも2点を取らなければならなくなった。不穏な空気がただよう中、チームをW杯出場に導いたのは、大黒柱のメッシだった。

12分にディ・マリアとのワンツーでエリア内へ侵入し、得意の左足でゴールに流し込むと、さらに20分、エリア手前で奪い返したボールを左足で振り切り、ゴール左隅に突き刺した。63分には、ドリブル突破で相手陣内に切り込み、相手GKの右手をかわすループシュートで3点目を挙げた。

メッシのハットトリックでエクアドルに3‐1で勝利したアルゼンチンは、勝ち点28の3位に浮上してW杯出場を決めた。一方、勝ち点26の3位だったチリは首位・ブラジルに0‐3で敗れ、6位に転落。最後の最後で、W杯出場権が手の平からこぼれ落ちた。

ツイッターなどインターネット上では、メッシの大活躍でW杯出場を決めたアルゼンチンに「この土壇場な状況でハットトリックしたメッシはやっぱすごい」と称賛の声が上がったが、一方ではチリの「悲劇」を悲しむ声もあった。

「それで代わりにチリが出られないのか...サンチェスとかブラボ見れないのは残念」「チリ敗退かよ ビダルもサンチェスもブラボも観れへんやんけ」「チリW杯出れんとか W杯半分見る価値なくなった」

チリは、サンチェス(アーセナルFC)やビダル(バイエルン・ミュンヘン)、ブラーボ(マンチェスター・シティFC)など、ヨーロッパのビッグクラブで活躍するスター選手を数多く擁する。2015年、16年と2年連続で南米選手権(コパ・アメリカ)を制し、W杯では2010年の南アフリカ大会、14年のブラジル大会でベスト16に進出した強豪なだけに、悲しみの声は収まりそうにない。

福西崇史「オランダもアメリカも...厳しいな~」

大波乱の最終予選は、欧州予選も同様だった。A組3位のオランダ代表(勝ち点16)が10月11日(日本時間)、ホームで2位のスウェーデン(勝ち点19)に2‐0で勝利したが、W杯出場圏内の1位はおろか、プレーオフ進出の2位にすら届かず、本大会出場を逃した。南アフリカ大会で準優勝、ブラジル大会で3位に入った強豪にとって、実に4大会ぶりの「悲劇」だった。

チームの大黒柱・ロッベン(バイエルン・ミュンヘン)は試合後、代表引退を表明した。英紙「ミラー」の報道によると、

「(代表引退は)長い間考えていたものだった。6度のトーナメント(W杯3回、欧州選手権3回)を経験できたことは誇らしく、光栄だった。最も美しい瞬間は2010年と2014年のW杯。とても親密なチーム、親密なグループだった」

とのコメントを発表したという。

ロッベンはW杯、欧州選手権ともに3回ずつ出場。スナイデルやファンペルシー、ファン・デルファールト、カイトなどの選手とともに築き上げた攻撃的なスタイルは、南アフリカ、ブラジル大会の快進撃の原動力となった。

だが、彼らが代表の試合から離れてしばらく経っており、ロッベンもついに代表引退を決断した。日本のファンもオランダ「黄金期」の終焉を見せ付けられた気がしたのか、ツイッターでは

「あああああ............。最後の黄金世代トリオがいるうちにW杯に戻れなかったか......。ファン・ペルシ、スナイデル、ロッベンみんな好きだった。寂しくなる」「ファン・ペルシー、スナイデル、ロッベンがおった時の黄金期が見る影も無くなったんも悲しい」「一時代に幕って感じですね...ここからオランダはどう進んで行きましょうか」

といった声が上がった。

サッカー解説者の福西崇史氏もツイッターで、

「やっぱりメッシか~...ってなるね W杯でも見られて嬉しい まさかのチリが予選敗退 オランダもアメリカも...厳しいな~」(編注:アメリカもW杯本大会出場を逃した)

と波乱尽くめの最終予選を振り返っている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
フジの村田戦CM批判を諭す声多数「ラウンド間CMは当たり前」...中継に感謝も
大食い王“もえあず脱落”に不満続出「ちょっと不平等」
トッテナムがケイン2発などリバプールを4発撃破!4連勝で2位マンUと勝ち点並ぶ
ボヌッチが肘打ちで一発レッド...数的不利のミランはドローでリーグ戦4試合勝ちなし
先発発表 レアル戦で乾先発
  • このエントリーをはてなブックマークに追加