最新ランキングをチェックしよう
謎深まる「ナスカの地上絵」生息しないペリカンが描かれていた!北大

謎深まる「ナスカの地上絵」生息しないペリカンが描かれていた!北大

  • ハザードラボ
  • 更新日:2019/06/23

ナスカの地上絵でも有名なハチドリ(pixabay) 
 南米ペルーの世界遺産「ナスカの地上絵」は、空飛ぶ乗り物が無かった時代に、誰が何の目的で、どうやって描いたのか謎に包まれていることから世界の七不思議とも呼ばれる。
 
  北海道大学の研究グループが鳥類学の視点から調査に挑んだ結果、ナスカ周辺には生息しないはずのペリカンやハチドリが描かれていたことが明らかになった!動植物のなかで最も多い鳥の絵

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
幻想的で美しいミクロの世界を顕微鏡で捉えた「Nikon’s Small World 2019」写真部門受賞作品が発表
太陽光と水から燃料を合成できる「人工葉」が登場
土星の衛星「エンケラドゥス」で新たな有機化合物が検出され地球外生命の可能性にさらなる光
世界初の完全サイボーグ化手術を行う決断をした、末期の病に冒されたロボット科学者(イギリス)
[福岡・糸島市]「糸島サイエンス・ヴィレッジ」を推進
  • このエントリーをはてなブックマークに追加