東芝、17年度3Q決算は売上高と営業利益が減少、四半期純利益は黒字に転換

東芝、17年度3Q決算は売上高と営業利益が減少、四半期純利益は黒字に転換

  • BCN RETAIL
  • 更新日:2018/02/14

東芝が2月14日に発表した2017年度第3四半期(3Q、4月~12月)の連結業績は、売上高が2兆8003億3100万円(前年同期比1.2%減)と減収、営業利益が495億6900万円(同34.9%減)と減少したものの、税引前利益が878億8200万円(同36.6%増)と増え、四半期純利益(同社株主に帰属)が270億4200万円(前年同期はマイナス5325億1200万円)と黒字に転じた。

No image

ストレージ&デバイスソリューションが増収になったものの、エネルギーシステムソリューションがランディス・ギア・グループの株式上場による連結除外で減収、インフラシステムソリューションも減収となり、売上高が下がった。営業利益は緊急対策の規模縮小で減少した。税引前利益は、ランディス・ギア・グループの株式上場による株式売却益によって増加した。通期連結業績予想は、売上高が3兆9000億円(前回予想は4兆9700億円)、営業利益がゼロ(同4300億円)、税引前利益が200億円(同4000億円)、当期純利益(同社株主に帰属)が5200億円(同マイナス1100億円)に変更した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
スバル車のボンネットに穴があるワケ そもそもなんのための穴なのか
パチンコホール、「出玉規制」で倒産激増?ヘビーユーザー離れの危機、大手は異業種参入も
世界で唯一「時計をデザインする」大学で生まれる独創性の高い次世代の時計とは?
仮想通貨、早くも崩落...ビットコインはピークから6割減、利用者保護の仕組みなし
どう見てもレーシングマシン!?なのに公道を走れる国産スーパーカー『IF-02RDS』【今すぐ買える!普通じゃないクルマ&バイク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加