東芝、テレビ事業を中国ハイセンスに売却。REGZAの開発・販売は継続

東芝、テレビ事業を中国ハイセンスに売却。REGZAの開発・販売は継続

  • Engadget
  • 更新日:2017/11/14
No image

東芝は11月14日、テレビ事業子会社「東芝映像ソリューション」の発行済み株式95%を中国のハイセンスグループに売却すると発表しました。売却額は129億円で、2018年2月末以降に完了します。

事業売却後も「東芝映像ソリューション」という社名に変更はなく、TOSHIBA・REGZAブランドの映像商品の自社開発・販売・修理を継続するとのこと。また、残りの5%の株式については引き続き東芝が保有するとしています。とはいえ、95%の株式を中国のハイセンスグループが保有するため、REGZAブランドは事実上中国資本の傘下となります。

東芝は今回の事業売却について「世界第3位のTVメーカーであるハイセンスとの相乗効果を発揮することで、映像商品の強化・拡充により事業強化を実現します」とコメントしています。

ハイセンスグループは、テレビのほか冷蔵庫や洗濯機などの白物家電を開発する中国メーカー。2016年度の売上は全世界で1.6兆円に達します。2018年ロシアワールドカップの公式スポンサーにもなっており、日本でも「ワールドカップ仕様」をうたうテレビ新製品を12月に発売予定。日本法人の磯辺浩孝・執行役員副社長は先日開かれた新製品発表会の壇上で「ロシア大会を最大のチャンスと捉え、(日本でも)ハイセンスブランドの認知度を上げていきたい」と語っていました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
大塚家具 久美子社長と父親との親子ゲンカ以降、90億円もの預金が消えた
積雪時の自動運転、車は電磁誘導線や磁石を読み取れるか---実証実験へ
「大リストラ時代」突入!生き残る銀行員・消える銀行員の差はココだ
なぜ西日本で「おでん」のないセブン-イレブンが増えているのか?
割引券やクーポン、ポイントを統一化する画期的な仮想通貨「GATCOIN」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加