YOSHIKI、頸椎椎間板の大手術の経過を語る!「人工の物がなじまない...」

YOSHIKI、頸椎椎間板の大手術の経過を語る!「人工の物がなじまない...」

  • RBB TODAY
  • 更新日:2018/01/13
No image

(c)Getty Images

12日放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)にYOSHIKIが出演し、昨年5月に行った頸椎椎間板の手術後の経過を語った。

数年前に首の後ろを切り、頸椎の椎間板の間を削ってスペースを空け、その後の昨年5月に人工の椎間板を頸椎の間に入れる大手術を行ったYOSHIKI。

「首の方が結構大変なんじゃないですか?」と坂上忍に症状を聞かれたYOSHIKIは、「そうですね。あまり良くないんです。人工の物が入ってるのでなじまないですよね」と術後の経過を明かした。

現在の首の状態は「手術をしていないほかの椎間板の間もボロボロ」で、「ドラムを叩くとまた手術をしなきゃいけない」と医者から言われているのだという。症状が悪化する原因が、ドラムを叩くときに頭を上下に振る“ヘッドバンギング”であるため、松本人志が今後はドラムを辞める方向なのかと尋ねると、YOSHIKIは「医者からは完全ストップなんですが、僕としてはやろうかな」とあっけらかんと答え、ダウンタウンら共演者から「あかんやろ」と心配の声が上がっていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
小嶋陽菜、洋服や下着の“抜け殻”ベッド写真が話題に! 競馬は2週連続で万馬券的中
さとうほなみ(=ゲスの極み乙女。“ほな・いこか”)が、高橋一生を花屋の店員にスカウト!?
ハル・ベリー、“ノーパン”シースルードレスでお堅い授賞式に登場! ドレス越しの盛りマンに世界が興奮
ももクロ有安杏果はハブられぼっちだった!? 異例中の異例の脱退「マスコミに媚を売り...」
ももクロ“6人”が並ぶ姿にモノノフ感涙「あかりーーん」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加