小原 TKO勝ちでWBO地域タイトル獲得、世界再挑戦へ弾み

小原 TKO勝ちでWBO地域タイトル獲得、世界再挑戦へ弾み

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/08/11

◇WBOアジア・パシフィック・ウエルター級王座決定戦12回戦 ○小原佳太 2回2分43秒TKO ナロン・ポーンチャン●(2017年8月10日 後楽園ホール)

No image

WBOアジアパシフィック王座を獲得した小原(中央)

昨年、スーパーライト級で世界挑戦に失敗した小原がウエルター級での再起2戦目にTKO勝ち。日本ボクシングコミッション(JBC)公認後、国内初開催となったWBOの地域タイトルを獲得した。

今後は2つの階級で世界再挑戦を目指す方針で、「選択肢が増えたのでチャンスを広げていきたい」。三迫ジムの三迫貴志会長はフライ級の木村翔(青木)が地域王者からWBO王者となった例を挙げ、「このベルトは有利に働く」との見解を口にした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
タオル論争に本田会長「優しさ出たが遅いより良い」
山中進退保留 衝撃陥落から一夜、帝拳本田会長「やるならネリと再戦」
タオル投入批判に「外野は黙ってろ!!」 山中慎介のTKO負けで
村田の予想は「メイウェザーKO勝ち」=異色のボクシングマッチ、「マクレガーは序盤がチャンス」
村田亮太がメイウェザーのKO勝利を予想 将来的にUFC挑戦も?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加