高畑充希「メゾンドポリス」第5話9・6%2桁割れ

高畑充希「メゾンドポリス」第5話9・6%2桁割れ

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2019/02/12
No image

フォトセッションで写真に納まる、左から野口五郎、角野卓造、西島秀俊、高畑充希、近藤正臣、小日向文世(撮影・垰建太)

高畑充希(27)主演のTBS系連続ドラマ「メゾン・ド・ポリス」(金曜午後10時)の第5話が8日に放送され平均視聴率が9・6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが12日、分かった。

第1話から12・7%、12・4%、10・7%、10・2%だった。

同ドラマは、新人女性刑事と元すご腕の刑事だったおじさんたちが次々と難事件を解決する、作家・加藤実秋氏の警察小説「メゾン・ド・ポリス」シリーズが原作。主人公の新人刑事・牧野ひより(高畑充希)が退職警察官だけが住むシェアハウス「メゾン・ド・ポリス」を訪れ、ワケありの“おじさま”に振り回されながら事件を解決していく一話完結の刑事ドラマ。あくの強い“おじさま”は西島秀俊(47)小日向文世(64)野口五郎(62)角野卓造(70)近藤正臣(76)ら実力派が集結した。

第5話の内容は、ある日、ひより(高畑充希)と伊達(近藤正臣)が愛犬バロンを散歩していると、ひとりの老人がフラフラと歩いてきた。その老人・金森春子(島かおり)はぼんやりとしていて、認知症を患っているようだ。伊達が声をかけると、人を殺したと言う。伊達とひよりに保護されメゾンにやってきた春子は非常連絡先のメモを持っていた。やはり認知症のようだ。そんな春子は男を階段から落としたと口にする。

やがて、連絡を受けた丸山栄一(大谷亮介)が部下の西条(内藤大輔)・岡嶋(木下政治)とともにやってきた。3人は春子の亡き夫が創業した零細工場の社長と従業員だった。ひよりは春子の殺人発言を伝えるが、3人は表情を変えることもなく認知症のせいだと一蹴する。その態度に違和感を覚えたひよりは転落事故の有無を調べる。すると2週間ほど前に三崎(亀田佳明)という会社員が歩道橋から転落死する事故が起きていた。その三崎は営業職で取引先には春子の工場も…。事故として処理されていたがひよりはメゾンおじさまたちを巻き込んで捜査を始める……。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テレビカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
V6井ノ原快彦、宇宙飛行士訓練に挑戦!NASAの火星移住計画に触れ「未来を想像できた」
「坂口健太郎ズル賢いな」『イノセンス 冤罪弁護士』利用された川口春奈に同情の声続出
V6井ノ原快彦、宇宙飛行士訓練に挑戦 火星移住にも興味津々?<本人コメント>
NHK「おやすみ日本」で市原悦子さん追悼 「病院まで来てくれたら...」生前の秘話紹介
「松本家の休日」初登場“キム姉”が京都のおいしい店案内
  • このエントリーをはてなブックマークに追加