シドニー銅・岡本依子氏が元UFC戦士をテコンドーに勧誘「根性がありそう」

シドニー銅・岡本依子氏が元UFC戦士をテコンドーに勧誘「根性がありそう」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/10/12
No image

テコンドーで東京五輪挑戦を表明した菊野克紀(左)と全日本協会の岡本依子副会長

現役プロ格闘家が異例の挑戦だ。元UFC戦士の菊野克紀(35)=チームKIKUNO=が11日、都内で会見を開き、テコンドーで2020年東京五輪出場を目指すことを表明した。男子80キロ級で、代表選考会を兼ねる来年1月の全日本選手権出場権獲得を目指し、まずは29日の東日本地区大会(千葉・袖ケ浦市臨海スポーツセンター)で初陣を飾る。

菊野の異例の挑戦をテコンドー界も後押しする。同席した岡本氏は「根性がありそうやと思って誘った。まさかほんまにやってくれるとは思わなかったけど」と暴露しつつ、「ルールに適応すれば戦える。素晴らしい選手なので、日本のために戦えるくらいになってほしい」と期待した。

菊野にテコンドーを指導する小池隆仁強化委員長も「教えたらすぐに理解し、対応する格闘センスがある」と太鼓判を押した。ルール改正でKO率が上がったことを受け、「普通だと勝てないので『テコンドーをするな』と教えているが、勝てる形はある」と従来通りのスタイルを支持。「ああいう選手が出てくると、他の強化選手にも刺激になる」と相乗効果を期待した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
日本の総合格闘技は異次元に入った
王者比嘉大吾がV1戦で突破を目指す2つのジンクス
内藤哲也が来年2月に米参戦、ARフォックスと対戦
小出義雄氏、比嘉の脚に「ほれぼれしちゃうね。Qちゃんも負けちゃうよ」/BOX
拳四朗 マイペース崩さず 今回は「猿の惑星」でリラックス!?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加