12・17三浦隆司の世界戦中止 米メディア伝える

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2016/10/20

米ロサンゼルスで12月17日に行われる予定だったWBC世界スーパーフェザー級暫定王座決定戦、同級1位・三浦隆司(32)=帝拳=と同級3位・オルランド・サリド(35)=メキシコ=の対戦が中止となった。ロサンゼルス・タイムズ(電子版)など複数の米国メディアが17日(日本時間18日)に伝えた。

サリドが腰痛で試合できない状態になったためで、「腰は先週の練習で痛めたもの。三浦の代わりの対戦相手は探している」とオスカー・デラホーヤ・プロモーター。三浦が同日に別の選手と試合を行うか、サリドの回復を待つかは未定だ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「伊達直人」が素顔公表 群馬在住の河村正剛氏
ホーガンがまさかのヒール転向 nWo出現――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第230回(1996年編)
W-1・武藤敬司が“達人”集め新プロジェクト立ち上げ!長州、藤波、ライガーに平成維震軍も
「つば攻撃」永源遥さん急死 サウナで倒れる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加