JR東海、奈良への観光需要を喚起する「うまし うるわし 奈良」キャンペーンを展開

JR東海、奈良への観光需要を喚起する「うまし うるわし 奈良」キャンペーンを展開

  • Traicy
  • 更新日:2018/01/13
No image

JR東海は、奈良への観光需要を喚起するキャンペーン「うまし うるわし 奈良」の一環として、東大寺の大仏にスポットを当てたキャンペーンを1月中旬より展開する。

東大寺の拝観時間外に僧侶が案内し、大仏が鎮座している基壇に登壇して、参拝できる旅行商品をJR東海ツアーズなど各社が販売する。一般参拝より近い場所で大仏を拝むことができる。

JR東海ツアーズでは、東海道新幹線往復と1泊がセットになっており、首都圏発は38,800円から、静岡地区発では37,300円から、名古屋地区発は33,800円からで販売する。申し込みは出発日の16日前まで受け付けている。

2018年はUNESCOが「古都奈良の文化財」として世界遺産に登録してから20年となる。

詳細はこちら

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
韓国『仁川国際空港 第2ターミナル・オープン』大韓航空などスカイチームが利用
コンビニ倒産急増 人手不足で24時間営業見直し シェア自転車、ジム、コインランドリーなど多角化
紙の通帳は高コスト?大手銀行が「手数料」導入を議論
ビットコイン急落。一時は1万ドル以下に
研究結果:Bitcoinを150ドルから1000ドルにつり上げたのはひとりの仕業だったらしい
  • このエントリーをはてなブックマークに追加