“既婚者”夏帆が“元カレ”妻夫木聡に堕ちていく...三島有紀子の新作「Red」公開決定

“既婚者”夏帆が“元カレ”妻夫木聡に堕ちていく...三島有紀子の新作「Red」公開決定

  • 映画ナタリー
  • 更新日:2019/08/21

夏帆妻夫木聡の共演作「Red」が2020年2月に全国で公開される。

No image

「Red」 (c)2020『Red』製作委員会

「Red」は直木賞作家・島本理生の小説を原作とするラブストーリー。娘のいる既婚者・村主塔子が10年ぶりに昔の恋人である鞍田秋彦と再会し、彼の求愛に心を激しく揺り動かされるさまが描かれる。夏帆が塔子役、妻夫木が危うい魅力をまとう鞍田役で出演。「幼な子われらに生まれ」「ビブリア古書堂の事件手帖」の三島有紀子が監督を務めた。

夏帆は「ここまで濃密な恋愛映画は初めてで、三島監督からこの題材を私で撮りたいとお話を頂いた時、監督の覚悟を感じました」とコメント。妻夫木は「来年40歳を迎える年で、そろそろ大人の恋愛をお芝居の中で表現できるようになりたいと考えていた時に、いつかお仕事をご一緒したかった三島監督からお話を頂いて、この巡り合わせがとても嬉しかったです」と述べている。三島と島本のコメントは下記の通り。

「Red」は東京・新宿バルト9ほか全国にてロードショー。

夏帆 コメント

ここまで濃密な恋愛映画は初めてで、三島監督からこの題材を私で撮りたいとお話を頂いた時、監督の覚悟を感じました。妻夫木さんとは初めて共演させて頂きましたが、お芝居している時もそうでない時も、役柄と同じ様に大きな愛でずっと守ってくださっている感覚があり、とても心強かったです。塔子は自分にとって、とても挑戦した役で、観てくださる方がどういう風に捉えるのか、今からドキドキしています。彼女の生き方は賛否が出るかもしれませんが、この2人の恋愛を楽しんでいただけたら嬉しいです。

妻夫木聡 コメント

来年40歳を迎える年で、そろそろ大人の恋愛をお芝居の中で表現できるようになりたいと考えていた時に、いつかお仕事をご一緒したかった三島監督からお話を頂いて、この巡り合わせがとても嬉しかったです。撮影中は、この映画自体に恋愛しているような感覚で、夏帆さんと一緒に作り上げていきました。「Red」は、理屈じゃない、人間の本能的な部分に問いかけてくるようなお話だと思います。
皆さんが、どういう風に感じてくださるのか僕自身も楽しみです。

三島有紀子 コメント

ノックが聞こえる。扉を開ける。その男が立っていた。それだけだ。
でも、その先に見えたのは内側に潜んでいた自分だった。
知っているのか? 君は君を。
知っているのか? 君は僕を。
人はいつも、自分の内側に潜んでいるものを目覚めさせてくれる誰かを探し求めているのではないか。
そんな男と女を描いてみたいと思っていた。ずっと。大好きな、夏帆さんと妻夫木聡さんで。だから、2人をどこまでも知りたくて、自分自身も素直にぶつけて、2人を愛し抜いて作り上げた映画になりました。

島本理生 コメント

社会的にはあっけなく否定されてしまうような男女の関係を、それでも切実な恋愛として表現してほしいと願ったとき、夏帆さんと妻夫木聡さんというキャスティングに大きな期待と喜びを覚えました。
大人の官能がテーマの小説ではありますが、どこか共感してしまいたくなるような物語になるのではないか、と私自身が公開を心待ちにしています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
過激すぎて自主規制?!伊藤健太郎、衝撃のブルマ姿にモザイクかかる
胸の先端がピンコ立ち!映画「人間失格」で「マッパになった」大物女優とは
9月18日の注目映画第1位は『かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~』
アマンダ・セイフライド、Netflixの超常現象ホラーに主演
宇宙の旅描く『アド・アストラ』 目に焼き付けたいブラッド・ピットの演技
  • このエントリーをはてなブックマークに追加