ソフトB 3年契約最終年の松坂と契約延長へ 3年間で1軍登板は1試合のみ

ソフトB 3年契約最終年の松坂と契約延長へ 3年間で1軍登板は1試合のみ

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/09/17

ソフトバンクは今季限りで3年契約の切れる松坂大輔投手(37)と契約延長する方針であることが16日、分かった。

No image

ソフトバンクの松坂大輔

現在、松坂は右肩違和感のためにリハビリ中。今季中の復帰は絶望的だが、球団関係者は「こちらから一方的にどうこうすることはない」と本人の意思を確認した上、来季契約を提示することになる。松坂は15年に日本球界へ復帰したものの、同年8月に右肩手術など3年間で1軍登板は1試合0勝0敗、防御率18・00だった。

また、リバン・モイネロ投手(21)とも来季契約する。球団が保持しているオプションを行使し、3年以上の複数年契約も視野に入れる。来季は右肘手術のスアレスが復帰予定で、今後は先発に転向する可能性もある。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
阪神・横田慎太郎「22歳で脳腫瘍と宣告されて」
【中日】もう真っ赤には染めさせない 「ナゴヤドーム集客アップ」に必要なこと
ロッテ井口「ありがたい、光栄」監督就任に前向き
ホークスの"厚すぎる選手層"経営上の狙い
ロッテ井口監督に一本化、3年基本の複数年提示へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加