遺体に約30カ所の傷 大阪・門真市一家4人殺傷

  • テレ朝news
  • 更新日:2016/10/23
No image

大阪府門真市の住宅に男が押し入って家族4人が殺傷された事件で、殺害された男性の体には刃物による傷が約30カ所あることが分かりました。

19日午前4時すぎ、門真市の住宅に男が1階のガラスを破って侵入。2階で寝ていた一家4人を次々と襲い、父親の川上幸伸さん(43)が死亡、10代の子ども3人がけがをしました。司法解剖の結果、川上さんの死因は失血死で、胸や頭などに約30カ所の刺し傷や切り傷が確認されました。現行犯逮捕されたのは近くに住む小林裕真容疑者(24)で、調べに対して「状況から私がしたことに間違いありませんが、はっきりと覚えていません。私はだまされていたのです」と供述しているということです。小林容疑者は時折、黙り込んだり意味が分からない話をしていて、警察は動機などを慎重に調べています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
大型トラックにはねられ小2死亡 「79歳のアルバイト」に同情する人も
週刊文春のユニクロ潜入取材レポが「ガチ」と話題に ユニクロから訴えられたジャーナリストが改名してバイトしてみた
狂乱のASKA逮捕劇! その裏で、NHKクルーが怪しげな行動......「一目散に現場を離れていった」
国立公園指定も意味なし やんばる国立公園が切り裂かれていく...
福島から避難 教諭が児童を「菌」と発言
  • このエントリーをはてなブックマークに追加