ソフトバンク王会長ドラフト結論出ず「目移りする」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2016/10/20

ソフトバンクは19日、工藤公康監督(53)も加わったスカウト会議を都内で行った。

出席した王貞治球団会長(76)は会議後、結論がまだ出ていないことを明かし「目移りするぐらい多いので、今年は大変。12球団、悩んでいるんじゃないかな」と苦笑い。過去3年のドラフト1位は、将来性のある高校生投手を指名してきた。ただ、今年は豊作の大学生投手が1位候補に挙がる。

昨年のドラフト会議では3球団が1位指名で競合した県岐阜商・高橋純平投手を工藤監督がくじで引き当てた。今年も大役を務める予定の指揮官は「何よりもくじを引くのが緊張する」と話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
各球団発表、12月7日の引退選手動向、コーチ、スタッフ人事は?
岸明日香×安枝瞳×青山ひかる×桜井奈津のラウンドガールにノックアウト
陽岱鋼も獲得!? 今オフ、巨人が水面下で大補強に動く理由「やっぱりまた...」
陽岱鋼、巨人入り決定的 史上初の同一年FA3選手獲得
FA史に残る嫌われ者!? 巨人移籍のDeNA山口に「出て行ってよかった」の大合唱
  • このエントリーをはてなブックマークに追加