最新ランキングをチェックしよう
衰退する日本で、商社だけがなぜ「勝ち組」になれたのか

衰退する日本で、商社だけがなぜ「勝ち組」になれたのか

  • 現代ビジネス
  • 更新日:2017/09/25

三菱商事、三井物産、伊藤忠商事、住友商事、丸紅。多少でもビジネスに関係する日本人でこれら総合商社の名前を知らない人はほとんどいないはずだ。では、その仕事の実態はどれくらい知っているだろうか。
ベテランのビジネスパーソンほど、実は商社の仕事の実態を知らなかったりする。それは商社各社が近年、大きく「稼ぎ方」を変えたからだ。その結果、総合商社の利益は大きく拡大した。なぜ彼らだけが「勝てた」のだろうか。

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
日本人に偽装した中国人夫婦が英空港で身柄拘束、「発想の違いが動作に出るから簡単に見分けつく」=華字メディア
須田亜香里、鼻の穴の毛をごっそり抜かれて絶叫
「仮面ライダービルド」ファイナルステージ9月と10月に開催、千秋楽には前川泰之も
東京五輪、パラのマスコット名 関係者は「よく商標が取れた」
野性味ゼロのわがままボディ。もはや「太った大型猫」状態のシベリアトラ(中国)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加