最新ランキングをチェックしよう
衰退する日本で、商社だけがなぜ「勝ち組」になれたのか

衰退する日本で、商社だけがなぜ「勝ち組」になれたのか

  • 現代ビジネス
  • 更新日:2017/09/25

三菱商事、三井物産、伊藤忠商事、住友商事、丸紅。多少でもビジネスに関係する日本人でこれら総合商社の名前を知らない人はほとんどいないはずだ。では、その仕事の実態はどれくらい知っているだろうか。
ベテランのビジネスパーソンほど、実は商社の仕事の実態を知らなかったりする。それは商社各社が近年、大きく「稼ぎ方」を変えたからだ。その結果、総合商社の利益は大きく拡大した。なぜ彼らだけが「勝てた」のだろうか。

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
警察庁がバイクの駐車規制の見直しを通達、ネット上は「ライダーに優しい国に」
【噂】レクサス「CT200h」の後継ハッチバックは、ハイブリッドと完全電気自動車の2バージョンに?
「不動産会社化する」東急電鉄、渋谷「大変貌」再開発に巨額投資の狙い
スルガ銀行、「地銀の優等生」の化けの皮...高利ローン貸付頼み、かぼちゃの馬車融資で不正疑惑
コスプレイヤー市場への参入は迷走? 多角化? 「ニコニコ動画」の改善も始めたドワンゴの行方
  • このエントリーをはてなブックマークに追加