最新ランキングをチェックしよう
衰退する日本で、商社だけがなぜ「勝ち組」になれたのか

衰退する日本で、商社だけがなぜ「勝ち組」になれたのか

  • 現代ビジネス
  • 更新日:2017/09/25

三菱商事、三井物産、伊藤忠商事、住友商事、丸紅。多少でもビジネスに関係する日本人でこれら総合商社の名前を知らない人はほとんどいないはずだ。では、その仕事の実態はどれくらい知っているだろうか。
ベテランのビジネスパーソンほど、実は商社の仕事の実態を知らなかったりする。それは商社各社が近年、大きく「稼ぎ方」を変えたからだ。その結果、総合商社の利益は大きく拡大した。なぜ彼らだけが「勝てた」のだろうか。

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
北京新空港は世界最先端の構造、下車して8分以内に搭乗口に行ける!―中国
JT、安倍政権で財務省の「天下り」復活...揺らぐ経営の独立性
ソフトバンク新卒採用、1位の特技ある人のみ応募可...就活売り手市場への大誤解
「国民皆保険」崩壊で老後に起きる事態
燃料電池車競争に参入した韓国、日本に及ばず中国に追われる=韓国ネット「韓国はまだ技術が足りない」「水素爆弾ができるかも」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加