【全国の天気】 夏の名残、季節外れの暑さまだ...

【全国の天気】 夏の名残、季節外れの暑さまだ...

  • テレ朝news
  • 更新日:2016/10/19
No image

鹿児島市内の様子で、水に足を入れて涼んでいますが、29.9度まで上がりました。このように、きょうは西日本・東日本中心に季節外れの暑さとなり、そして、高知県江川崎では30.2度と過去最も遅い真夏日となりました。この暑さの原因は夏の名残の空気がまだ粘っているためで、西日本から東北南部辺りまで覆いました。そして、この空気、あす以降も少し上下はしますが、西日本中心にかかり続けそうです。
一方で、木曜日になると、北からは冬の空気が流れ込んできます。この冬の空気も金曜日にかけて強まり、北日本中心に覆ってきそうです。このため、北海道の予報には今シーズン初めての雪マークが登場しました。木曜日の後半から金曜日は、稚内、旭川など平地でも雪が降りそうです。
ただ、夏の空気が残る西日本では、鹿児島であす、あさってと、まだ30度近く、高知でも夏日が続きそうです。今週後半は、暑い所、寒い所、両方がある極端な状態になりそうです。

《全国の天気》
■あすは晴れる所が多く、特に北日本ですっきりとした青空が広がるでしょう。ただ、関東や四国、九州などでは雲が広がりやすく、一時的に雨が降る所もありそうです。
■最低気温は、北日本でけさより7度前後も低くなる所があり、札幌で6度、盛岡で7度まで下がりそうです。一方、西日本は、朝から高めで20度前後ありそうです。
■最高気温、あすも西日本から東海、金沢までは夏日で、大阪で29度、熊本で28度まで上がりそうです。関東から東北太平洋側はきょうより4度前後低く、季節外れの暑さはなくなりそうです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
“なぜ学校の謝罪がないの”避難児童が訴え
晴れても寒い土日の関東
ノロなどの感染性胃腸炎患者 10年で2番
山中の斜面に一人きり 2歳女児発見時の様子が...
メタルバンドのドラマー逮捕、大麻所持の疑い
  • このエントリーをはてなブックマークに追加