最新ランキングをチェックしよう
歯科医は「狭き門」? 国家試験合格率が88%から65%まで下がった理由

歯科医は「狭き門」? 国家試験合格率が88%から65%まで下がった理由

  • AERA dot.
  • 更新日:2017/07/17

国家試験合格率が88%から65%まで下がった理由(※写真はイメージ)

 近年、歯科医師国家試験の合格率が6~7割台と落ち込み、“狭き門”になりつつある。背景には、過剰となっている歯科医師数を抑制しようという国の思惑がある。週刊朝日MOOK「いい歯医者2017 誰も教えてくれなかった歯科の選び方」では、過剰傾向にある歯科医師の実情に迫った。*  *  * 2017年3月に発表された第110回歯科医

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
“マジ卍”“テンアゲ”JK言葉 最前線
“パコリーヌ”山尾志桜里議員がスマホ内のメール・画像を全削除? 側近が「不正アクセスされる可能性」危惧か
刑事事件で有罪 医師ら21人、業務停止の行政処分
中国当局、旅行会社に日本行き観光ツアー制限を通達
東大、東北大...国立大学で進む「雇用崩壊」の大問題
  • このエントリーをはてなブックマークに追加