MLBドーム球場に氷塊落下で試合中止 屋根が破損

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2018/04/17

大リーグ、ブルージェイズの開閉式ドーム球場に氷塊が落下する事故があり、予定されていたロイヤルズ戦が中止になったと16日(日本時間17日)、大リーグ公式サイトが伝えた。

米国中西部を中心に大寒波が猛威を振るっている北米で前代未聞の事故が起こった。カナダ・トロントにあるブルージェイズのホーム球場、ロジャーズ・センターの屋根に氷の塊が落下。球団はすぐに破損箇所の修理に取りかかったが、ナイトゲームの時間には間に合わないと判断し、予定されていたロイヤルズ戦の中止を発表した。

屋根を破壊するほどの大きな氷の塊は一体どこから?同サイトによると、現場検証の結果、氷塊は球場に隣接する、高さ約550メートルの電波塔CNタワーから落下したことが判明したという。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

MLBカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【MLB】最速163キロ連発の大谷翔平、地元LA紙も魅了「オオタニはさらに凄くなる」
【MLB】大谷163キロに反響「こんな剛速球は御免」 体感速度は165キロ超で今季1位!?
【MLB】大谷翔平のマメ騒動にソーシア監督“終結宣言”と地元紙「今後も影響はない」
大谷 163キロに地元紙「さらに良くなる」 5四球は球審厳しかった
  • このエントリーをはてなブックマークに追加