東京為替:ドル・円は6月14日以来となる108円97銭まで下落

東京為替:ドル・円は6月14日以来となる108円97銭まで下落

  • FISCO
  • 更新日:2017/08/11
No image

株式会社フィスコ

11日午前の東京市場でドル・円は108円98銭前後で軟調気味に推移している。ドルは6月14日以来となる108円97銭まで下落し、上値は一段と重くなっている。109円以下には個人勢などのドル買い興味が残されているものの、新たなドル買い材料が提供されない場合、ドルは108円台半ばまで下落する可能性は残されている。
ここまでのドル・円の取引レンジは108円97銭から109円22銭。
・ユーロ・円は、128円21銭から128円58銭で推移
・ユーロ・ドルは、1.1762ドルから1.1777ドルで推移

■今後のポイント
・109円以下に顧客筋、個人勢のドル買い興味
・1ドル=110円-113円で輸出企業などのドル売り予約増加の可能性

・NY原油先物(時間外取引):高値48.69ドル 安値48.47ドル 直近値48.47ドル

<MK>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
テスラの優位性、今後も維持可能な2つの理由
シャープ、人材が「もぬけの殻状態」...日本電産が容赦なく大量の技術者を引き抜き
旧車好きの底なし沼―「週刊マツダ・コスモスポーツ」創刊、100号買えば模型が完成
【激安輸入中古車のススメ】第1回 筆者が10万円で買った初代シトロエン C5(前編)
バイク販売不振、原付振るわず 「厳しい生産・販売環境続く」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加