リバプール対マンUの試合前に...”アンフィールドキャット2代目”が侵入。今回は黒猫

リバプール対マンUの試合前に...”アンフィールドキャット2代目”が侵入。今回は黒猫

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2016/10/19
No image

リバプール対トッテナムの試合中に侵入したアンフィールドキャット(写真は2012年)【写真:Getty Images】

現地時間17日に行われたリバプール対マンチェスター・ユナイテッドの試合前に、1匹の黒い子猫がピッチに侵入しゴール前を横切っていたようだ。18日に英メディア『ESPN FC』が報じている。

同メディアによると、子猫が現れたのは選手が試合前にウォーミングアップをしている最中で、ピッチを走り回りゴール前を横切っていたとのこと。同メディアは「悪い前兆」とタイトルにつけ、英紙『ザ・サン』は「黒猫が横切ったことで不運を受け取った」とコメントしている。

リバプールが本拠地とするアンフィールドでは、2012年にも猫が侵入していた。この時はリバプール対トッテナムの試合が行われている最中だったため、試合が一時中断する事態となっている。そして試合は0-0の引き分けに終わっていた。この時現れた猫は”アンフィールドキャット”として世界に知れ渡っている。

バルセロナのカンプ・ノウやエバートンのグディソン・パークのスタジアムでも猫が侵入した試合があり、欧州ではそれほど珍しい出来事ではない。マンチェスター・ユナイテッドの公式ツイッターが”アンフィールドキャット2代目”の動画を公開しており、今後注目を集めることになりそうだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
シャルケ内田、復活目前 欧州リーグの練習に参加
ムヒタリアン、シーズン序盤のつまづきは「モウリーニョではなく自分のせい」
マンU 主役級の存在感消える
サッカー史上「もっとも姑息なPK」がコレだ!!
かつてペレやベッケンバウアーも在籍したNYコスモス、無期限の活動休止...全選手との契約打ち切りへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加