最新ランキングをチェックしよう
抗生物質の取りすぎで起こる「人体の異変」を知っていますか?

抗生物質の取りすぎで起こる「人体の異変」を知っていますか?

  • 現代ビジネス
  • 更新日:2019/02/14

スコットランドの細菌学者、アレクサンダー・フレミングの名前を聞いて、その偉大な功績が思い浮かぶ人がどれだけいるだろうか。

photo by iStock

1928年、後に世界中の多くの命を救う大発見は、全くの偶然からであった。休暇から帰ってきたフレミングの雑然と散らかった研究室には、ブドウ球菌が培養されていたペトリ皿が置かれていた。その皿には、休暇期間中放置されていたために、綿埃のようなカ

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
火星探査機からNASA宛てに送られてきた『文明の証拠』画像に驚き!
全身の再生を司る遺伝子を制御するDNAのスイッチが発見される(米研究)
「最先端治療」が受けられる病院の、意外なリスクをご存じですか
「でべそ」だと思っていたら「がん」が飛び出した!スペイン
米国版はやぶさ2 小惑星から上昇する「謎の粒子」をキャッチ!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加