『トドメの接吻』キスマークの正体は宮沢氷魚・堀田茜・唐田えりか・山本亜依

『トドメの接吻』キスマークの正体は宮沢氷魚・堀田茜・唐田えりか・山本亜依

  • マイナビニュース
  • 更新日:2017/12/07
No image

俳優の山崎賢人が主演する日本テレビ系ドラマ『トドメの接吻(キス)』(来年1月7日スタート、毎週日曜22:30~ ※初回22:00~)に、宮沢氷魚、堀田茜、唐田えりか、山本亜依らの出演が決まった。

先週11月30日に、役名とキスマークによって追加出演者が予告されていたが、その正体がこの4人だったことが判明。布袋道成役を宮沢、森菜緒役を堀田、青田真凛役を唐田、小柳奈々子役を山本が演じる。さらに、光石研、奥貫薫、岡田義徳、弓削智久、山田明郷、高橋ひとみ、小市慢太郎の出演も発表された。

同ドラマの出演キャストは、11月2日から30日まで"キス写真"のリレーで発表され、今回はキスマークで予告されたが、今週は次の追加出演者のキスの音="キスボ"を公開。役柄は、山崎演じる旺太郎と同僚のホスト役で、正解は次週14日に発表される。

同ドラマは、山崎演じる頭は良いが"カネの切れ目が縁の切れ目"で女をもてあそぶナンバーワンホスト・堂島旺太郎が、謎の女(門脇麦)にキスされて死んでしまうが、次の瞬間、7日前の景色の中で意識を取り戻し、タイムリープ。その後も、謎のキス女(門脇麦)によって、何度も"死"と"時間"を繰り返すことになる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テレビカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
『ブラタモリ』が彦根で偶然『家族に乾杯』とコラボ? 「鶴瓶が愛されてる」と好感も
AV女優と不倫、デキ婚、シンプルにキモい...深夜番組で筋書なしのディスり合いバトルがぼっ発
乃木坂46、明石家さんまに悩み相談 大園桃子は涙
春風亭昇太、「笑点」始まって以来の不祥事を謝罪 座布団の枚数がまさかの...
受信料を払いたくない人も納得の「大胆なNHK改革案」を示そう
  • このエントリーをはてなブックマークに追加