「ソニーの公園」オープン、ここだけの体験が充実

「ソニーの公園」オープン、ここだけの体験が充実

  • マイナビニュース
  • 更新日:2018/08/09
No image

●東京・銀座のど真ん中

ソニーが東京・銀座のど真ん中に、新しい公園「Ginza Sony Park」(銀座ソニーパーク)を8月9日にオープンしました。従来の家電メーカーのショールームとは一線を画すような、銀座の街を訪れる人と人、あるいは人と体験をつなぐ今までになかったパブリックスペースです。

銀座ソニーパークは、昨年(2017)春に営業を終了した旧ソニービルの跡地にオープンしました。フロア構成は、プラントハンターの西畠清順氏をプロデューサーに迎えて様々な植物で緑化した地上フロアと、地下4階にまでまたがっています。

かつて雑貨屋のPLAZAやフレンチレストランのマキシム・ド・パリが店を構えていた広大なスペースが、パブリックスペースに生まれ変わりました。“開園”時間は毎日の朝5時から深夜24時半まで。オープン時間中は、銀座ソニーパークのスタッフが館内施設の案内などのため常駐しています。

9日のグランドオープンに先立ち、前日にプレス向け内覧会が開催されました。プレゼンテーションを行ったソニー企業株式会社 代表取締役社長 チーフブランディングオフィサーの永野大輔氏は「1966年に設立した旧ソニービルが当初から掲げてきた“銀座の庭”としてのコンセプトを受け継ぎながら、人と街をつなぐ新しいインタフェースになることが銀座ソニーパークという大きなプロジェクトのテーマ」であると述べています。

実は、銀座ソニーパークは2022年の竣工を予定する新ソニービルの、大掛かりなプロジェクトのはじめの一歩でもあります。銀座ソニーパークは2018年から2020年の秋まで、現在のかたちで機能したのちに、またいったん休業期間を経て、2022年に地上フロアにも展開する新ソニービルに変貌を遂げることになります。

銀座ソニーパークを訪れると、すべてのフロアにゆったりとした“空き地”が多くあることに気がつくと思います。その意図を永野氏が次のように語っています。

「スペースのデザインについてはプロジェクトのメンバーが集まって、将来どのようなソニービルにするべきかという議論を重ねてきました。東京オリンピックが開催される2020年までに、都内で新しいビルが数多く建つことがわかっていたので、だったらソニーはあえて“ほかがやらないことをやる”という道を選択して、“ビルを建てない”ことで独自性を打ち出すことにしました。

用途が決められていないスペースを自由に使えることが、公園の魅力であると考えています。一方で、パブリックスペースとしての機能性を高めるため、8階建てだった旧ソニービルよりもさらに洗面所の数を増やしています」(永野氏)。

銀座ソニーパークを上空から俯瞰(ふかん)すると、都内の1等地に不思議な緑豊かなスペースが広がっています。そのインパクトは目で見ると確かに強烈なものがあります。地下2階は東京メトロのコンコースと直結していて、銀座ソニーパークで賑やかに実施されているイベントの様子が目に飛び込んできます。地下3階も広大な西銀座駐車場の地下2階と直結しているので、徒歩を含めて様々な交通手段で気軽に訪れることができます。

ソニービルが新たな姿へダイナミックに変わる様子にあえてスポットライトを当てるために、旧ソニービルのコンクリート躯体や、かつてのビルに店を構えていたショップの壁を飾っていたタイルはそのまま残されています。永野氏は「ビルの解体という、今しかない時間を多くの方々に体験してもらうためのデザイン」であると、ともすれば無機質なようにも見える“公園”の内装に込めた熱い想いを説いています。

●館内で買ったものならフリースペースで飲食自由

地上階を含む5つのフロアにはパートナー企業のユニークなショップもオープンします。

トラヤカフェでは店内にガラス張りの製造所を設けたほか、銀座ソニーパークでしか買えないオリジナル・ミニサイズの「あんペースト」を用意しました。地下1階にあるコンビニエンスストアをコンセプトにしたショップ「THE CONVENI」は、ファッションデザイナーの藤原ヒロシ氏をディレクターに迎えて、Tシャツや雑貨などレアな限定アイテムをそろえています。

小腹が減ってきたら、地下4階にあるクラフトビールの専門店「SPRING VALLEY BREWERY」の新しいデリショップ「BEER TO GO」を訪れてみてはいかがでしょうか。銀座ソニーパークの館内で購入したものは、フリースペースを活用しながら自由に飲んだり、食べたりできるところも“公園”ならではの楽しみです。

「銀座ソニーパークではアクティビティやイベントも新しく変えていきたい」と永野氏が意気込みを語っています。地下2階のイベントスペースには、クラブやラジオでDJ・ナレーターとして活躍するDJ TARO氏がプロデュースを手がけたローラースケート場が8月9日から9月24日まで期間限定でオープンします。開催時間は毎日10時から20時まで。シューズが無料でレンタルできるので、ショッピングや仕事の帰り道に手ぶらで気軽に立ち寄ることもできます。

オープン期間中、土曜日の夕方にはDJ TARO氏もフロアに足を運んで、アメリカ西海岸のローラースケートカルチャーをテーマにしたクールな楽曲を集めたDJプレイを自ら披露するそうです。実はDJ TARO氏もローラースケートは腕に覚えがある達人。プレスイベントの日にも両足にスケートシューズを着けて軽快にターンテーブルを回していました。「プロのインストラクターによるショートレッスンや、音楽と映像が流れるフロアでのスペシャルパフォーマンスも実施するのでぜひ遊びにきてください」と呼びかけていました。

●東京スカパラダイスオーケストラ、登場!

そしてオープン初日の8月9日13時、大勢の来場者が列を作って銀座ソニーパークを訪れました。

オープニングライブとして、東京スカパラダイスオーケストラが駆けつけ、大ヒット中の楽曲『Paradise Has No Border』や、完成したばかりという新曲『This Challenger』など4曲を集まったファンにプレゼントしました。

ソニーの平井一夫会長も、この日のイベントに参加。「旧ソニービルを閉館することが決まってから、どのように建て替えるかプロジェクトチームの皆で議論を交わしてきた。その中で“公園にしよう”という面白いアイデアが出てきて、それがこのような形で実現できたことをとてもうれしく思う。ここを銀座の新しい名所にしたい」と、スピーチの中で語りました。

旧ソニービル閉館のイベントでは、スカパラのメンバーと一緒にサクソフォンの腕前を披露した平井氏でしたが、この日は残念ながら楽器の演奏はなし。ただ終始リラックスした様子で、同じステージに上がった銀座ソニーパーク代表の永野氏と一緒に、スカパラが演奏するアップテンポなメロディに合わせてノリノリのダンスを踊りながら開園を祝っていました。

○イベント目白押し

8月17日から9月9日までの期間には、毎年ソニービルが沖縄の美ら海水族館と一緒に展開してきた、1,000匹の熱帯魚による「Sony Aquarium」が実施されます。また、毎金曜日の20時には、アーティストによる音楽ライブも地下4階のスペースで実施を予定しています。アーティストの出演情報は、銀座ソニーパークの公式インスタグラムで当日に発表されるので、お見逃しなく。

銀座ソニーパークの代表である永野氏は「今後も様々なパートナー企業、クリエイターの方々をはじめ、一般の皆様のコミュニティとも連携しながら、魅力的なアクティビティを充実させていきたい」と抱負を語ります。東京に誕生した新たな文化発信基地、その魅力がますます進化していく様子にも注目です。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

音楽カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
安室奈美恵、引退前日地元ラストライブ9・15沖縄
HiGH&LOW、DTC&縦笛兄弟が「IIKOTO」披露!カニ男がSHOKICHIへ「お兄ちゃん」
安室奈美恵、引退前日に沖縄でイベント出演決定
安室奈美恵、引退前日に沖縄でライブ決定<本人コメント>
PKCZ(R)×「HiGH&LOW」山下健二郎&佐藤寛太&佐藤大樹も歌って踊った 登坂広臣・佐野玲於がゲスト出演、八木兄弟のライブ初コラボも<レポ>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加