ホークス武田あす先発 スパイクダッシュで脚つり対策

  • 西日本スポーツ
  • 更新日:2017/08/12

13日の日本ハム戦に先発する武田がスパイクでのダッシュを繰り返した。6日の西武戦は右脚がつり、5回途中で降板。普段のランニングシューズでなくスパイクで走ったのは、投球中に脚がつらなくするための対策の一環で、倉野投手統括コーチは「できることは全てやっていく。スパイクだと(脚に)負荷もかかるので」と説明した。ダッシュの前には、ヤフオクドームのブルペンで約50球の投球練習を行った。

=2017/08/12付 西日本スポーツ=

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
DeNA前球団社長・池田純氏、Bリーグ川崎を友好的買収へ!
阪神・糸井、緊急昇格も 2試合連続打点で復調アピール
藤浪「申し訳ない」  復帰戦7四死球...異例の“タオル投入”
【イップスの深層】サイドスロー転向の一二三慎太が見せた甲子園の奇跡
ももクロ百田「全力投球」 西武戦セレモニアルピッチに登場
  • このエントリーをはてなブックマークに追加