広島・福井、五回途中6失点で降板 坂本勇への1球から崩れる

広島・福井、五回途中6失点で降板 坂本勇への1球から崩れる

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/08/15
No image

5回、降板する福井(手前右)の横で渋い表情の緒方監督(左から2人目)=マツダスタジアム

「広島-巨人」(11日、マツダスタジアム)

広島・福井が、五回途中6失点で降板した。

5月21日・中日戦(ナゴヤドーム)以来の先発マウンドに上がった。四回まで無失点で、2点リードの五回に捕まった。2死一塁からマギーに左前打、坂本勇に四球で満塁。ここで阿部に左翼線へ走者一掃の適時二塁打を打たれ逆転を許した。続く村田にも右前適時打、亀井にも適時二塁打された。2番手・中田も田口に右前適時打を許し、福井は4回2/3、9安打6失点となった。

福井は五回2死一、二塁で坂本勇へのカウント1-2から外角へのカットボールをボールと判定された。最高の1球をボールと判定され、その後2球連続で直球がワンバウンド。気持ちを切り替えることができず、阿部以降に打ち込まれた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ノムさん、楽天・オコエの「スイングは悪くない」
阪神・大山、トドメ3ラン含む5打点!金本監督「自信つけていい」
なぜ今夏の甲子園はボールが飛ぶのか。本塁打増を解明する3つの仮説
天理、快勝も最後は冷や汗 中村監督「まさかここまで」明豊の粘りに脱帽
あの宇部商「サヨナラボーク」の真実を、捕手・上本達之が明かす
  • このエントリーをはてなブックマークに追加