石原さとみ、コメント力絶賛され照れ笑い

石原さとみ、コメント力絶賛され照れ笑い

  • モデルプレス
  • 更新日:2019/08/25

【モデルプレス=2019/08/25】女優の石原さとみが25日、都内にて「東京2020パラリンピック1年前カウントダウンセレモニー」に出演し、終了後、囲み取材に応じた。

No image

(写真 : 石原さとみ(C)モデルプレス)

【さらに写真を見る】前髪カットでイメチェンの石原さとみが可愛すぎる

東京2020パラリンピック大会の1年前を迎える節目となったこの日、イベントでは、大会への決起を行うため、8月25日を「ジャパンパラリンピックデー」とする宣言を行った。ほか、パラリンピックメダルのデザインなども発表。

イベント終了後、東京2020聖火リレー公式アンバサダーの石原は、同じくアンバサダーの田口亜希・サンドウィッチマン(伊達みきお・富澤たけし)とともに囲み取材を行った。

◆石原さとみ「人の人生が好き」

「東京2020聖火リレー公式アンバサダーを務めていることでご自身に起きた変化は?」との質問が向けられると、石原は、「普段女優業をしているだけだと絶対に出会わない方たちに出会わせて頂きました」と振り返った。「自分は、人の人生が好きなのだなと思いました。ストーリーが。漠然とスポーツというものを観戦することは好きで、面白いなと思うのですが、人にフォーカスをして、『どういう気持ちで挑んでいるのか』とか、『何を目標にしているのか』とか」などと続けた。

「自分は心底、“人の想い”だったり、“その人が歩んできた人生”だったり、“これから向かっていく先”のような、“人の中身”みたいなものが好きなのだなと思いました」と声を弾ませた。

聖火リレーについては、石原は、「それぞれがそれぞれの地で火を灯したり、3人1組で聖火リレーとして走ることもそうなのですが、“新たな出会い”というものにとてもフォーカスされている感じがしています」とコメント。「聖火リレーには“一人一人が、あなた自身が主役だ”ということがテーマとしてあるので、それぞれがそれぞれの立場で参加して頂いて、そこで出会った縁だったり、想いだったり、生まれた感情だったりというものが、その日限りではなくて、その先も、未来に繋がるレガシーとして残っていったらいいなということはすごく思います」と言葉に。

◆石原さとみのコメント力にサンドイッチマンが脱帽

石原がコメントを終えると、サンドウィッチマンの2人は「すごく上手!」、「コメント、上手ですね!」とうっとり。2人は「さっきまでずっと(石原が)『緊張する。緊張する』って言っていたのに、出たら、ぜんぜん緊張していない」といじり始め、石原は大照れの様子で「緊張してますよ!」とはにかんでいた。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
TWICEの顔面偏差値トップ3は? 人気K-POPグループの顔面をDr.高須幹弥がジャッジ
安達祐実のエロ過ぎる“私生活写真集”にスピワゴ井戸田は何を思う...
磯村勇斗、ファン層拡大を実感 「僕も返していかなきゃ」感謝を語る<ファンイベント終了後を直撃>
ブレークから12年がたち...上地雄輔“現在のライブ動員”に驚愕!
一人称は「あたし」、女性用下着着用......氷川きよしがついに“本気”を出してきた
  • このエントリーをはてなブックマークに追加