中日・大島、3000万円増の1億8000万円で更改 23盗塁はリーグ2位タイ

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2017/11/14

中日・大島洋平外野手(32)が14日、ナゴヤ球場で契約更改交渉に臨み、3000万円増の年俸1億8000万円でサインした。来季は3年契約2年目(年俸は変動制)となる。

今季は119試合に出場して打率・313、3本塁打、29打点。23盗塁はリーグ2位タイだった。一時は打率トップに立つなど攻走守でチームを引っ張ったが、8月31日のDeNA戦(ナゴヤD)で死球を受けて右足腓骨骨折で離脱した。

「(交渉相手の)西山代表からは『Aクラスに入ってくれ』といわれた。若手が出てくれたらありがたいが、そういう風になってこない。芽が出てこないのなら自分で引っ張りあげていかないと」。自分自身のことよりも5年連続Bクラスに低迷するチームの現状を気にかけていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「比較不可能」打てる投手の域を超えた“打者”大谷をMLB公式サイトが特集
“おかわり2世”山川穂高が本家を超えるとき...
オリックスが大和とFA初交渉 3年総額3億円...福良監督もサプライズ登場
ロッテ左腕チェン韓国戦で先制点許して降板、6回途中1失点快投も援護なし
稲葉二世・上林誠知、U-18での悔しさを糧に、トップチームで躍動!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加