横浜FW遠藤 J1通算2万2000点目、大勝呼ぶプロ初2発

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2019/08/26

◇明治安田生命J1第24節 横浜5―1名古屋(2019年8月24日 パロ瑞穂)

各地で6試合が行われ、横浜のU―22日本代表FW遠藤渓太(21)が名古屋戦の後半33分に奪った得点がJ1通算2万2000点目のメモリアルゴールとなった。チームは今季最多の5得点で名古屋を下し、連敗を3で止めた。

嫌な流れを一発で変えた。3―1の後半33分、遠藤が味方のシュートのこぼれ球に反応すると、右足で冷静に押し込みリードを広げた。これがJ1通算2万2000点目のメモリアル弾。さらに同39分にはFWエリキのヒールパスに右足で合わせ、プロ入り後初の1試合複数得点も達成。後半25分に1点を返されたことで名古屋が勢いづき、流れが相手に傾きかけた時間帯だっただけに「嫌なムードを吹き飛ばすゴールを取れたことは大きい。持ってますね」と笑った。

東京五輪世代の21歳。前節は新加入のFWマテウスが先発し、自身は控えに回った。「練習からアピールを続けて試合で結果を出せば出番は回ってくる」。派手さはないかもしれない。それでも堅実な姿勢が横浜での地位、そして東京五輪につながっていく。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
J1鹿島・三竿健斗 左ハムストリング筋損傷で全治6週間
藤井聡太七段タイトル挑戦なるか? 王将リーグ開幕
自ら定めた「JFLで優勝、J3昇格」...38歳の元日本代表DFがFC今治で戦う理由
黄金世代の炎のストライカーが引退。播戸竜二が印象に残るゴールは?
『SEVENDAYS FOOTBALLDAY』:信頼(國學院久我山高・明田洋幸)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加