22日の衆院選差し止め訴訟 東京地裁が訴え退ける

  • テレ朝news
  • 更新日:2017/10/12

一票の格差の是正を求める弁護士グループが22日投開票の衆議院選挙の差し止めを求めた裁判で、東京地裁は弁護士グループの訴えを退けました。

弁護士グループは22日投開票の衆院選について、一票の格差がある状態で行うのは違憲であるとして、事前に選挙の差し止めを求める訴えを東京地裁に起こしました。6日の判決で、東京地裁は「公職選挙法で定める訴訟類型以外に本件のような差し止めの訴えを提起できる旨を定める法律の規定は存在しない」として弁護士グループの訴えを退けました。公職選挙法は、有権者が訴えを起こすことができる国会議員の選挙について「当該選挙の日から30日以内に訴訟を提起できる」としていて、事前に選挙の差し止めができる規定はありません。また、東京高裁などは12日までに、東京5区での選挙の差し止めなどを求める2件の訴えについても退けました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
女児への強制わいせつ容疑、人気アプリ会社役員を逮捕
東京・吉祥寺で85歳男性運転の車暴走 7人はねる
【報ステ】“超大型”台風21号接近...各地で備え
韓国高速鉄道、時速300キロで走ったら線路の破損が5倍に激増=韓国ネット「つまりは手抜き工事」「中国の高速鉄道を輸入して」
パートナーに蹴られた盲導犬、無事保護され嬉しそうに駆け回る姿が公開!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加