フィギュア女子の宮原、坂本は平昌五輪の表彰台に上がれるのか?

フィギュア女子の宮原、坂本は平昌五輪の表彰台に上がれるのか?

  • THE PAGE
  • 更新日:2018/01/13
No image

平昌五輪代表となった宮原(中)と坂本(左)はメダルを狙えるのか?(写真・アフロ)

平昌五輪の開幕が、約1か月後に迫った。緊迫した年末の五輪最終選考会、全日本選手権を優勝、2位でフィニッシュ、2枠しかなかった五輪切符を手にしたのは宮原知子(19、関西大)と坂本花織(17、シスメックス)の初出場コンビだった。

日本女子のフィギュアでの五輪メダルは過去に3人。1992年のアルベールビル五輪で伊藤みどりが銀メダル、2006年のトリノ五輪で荒川静香が金メダル、2010年のバンクーバー五輪で浅田真央が銀メダルを獲得した。2014年のソチ五輪は浅田がSPで出遅れ、FSで感動的な演技を見せたが6位に終わりメダルを逃した。出場は3選手で鈴木明子が8位、村上佳菜子が12位だった。宮原、坂本の2人は2大会ぶりのメダルを狙うことになるが、表彰台に上がれる可能性はあるのだろうか。

元全日本2位で現在、福岡で後進の指導をしている中庭健介氏は、「2人とも可能性はあります」という明るい見通しを持っている。

「宮原さんは、怪我から実質3か月で世界トップのレベルに仕上げました。かなりのハイペースだったにもかかわらず大会ごとに課題を克服しながら最後の全日本で優勝して不安要素を打ち消しました。これだけの試練を乗り越えてきたわけですから、本来ならば緊張するはずの五輪で気持ちの上では、逆に余裕を持ったノビノビとした演技が期待できるでしょう。宮原さんの強みは、プログラムコンポーネンツ(演技構成点)で安定した高得点を獲得できる部分です。その洗練されたパフォーマンスに対する評価は世界のトップクラスです。女子の場合、実力が拮抗していますから、ジャンプひとつのミスが勝敗を分けます。それだけにミスに左右されることのないプログラムコンポーネンツの評価の順番でメダルの可能性があると考えてもいいでしょう。ロシアのメドベージェワや、イタリアのコストナーも、もちろん、宮原さんにも十分に表彰台のチャンスはあると思います」

全日本で宮原がSP、フリーで記録したプログラムコンポーネンツの得点はSPで35.83、FSで74.41の合計110.24だった。

全日本はISU(国際スケート連盟)非公認試合のため単純比較はできないが、GPファイナルで優勝したロシアのアリーナ・サギドワ(15)のプログラムコンポーネンツはSP35.06、FS70.42の計105.48点しかなく宮原がリードしている。演技構成点の評価では世界のトップクラスにあるカロリーナ・コストナー(30、イタリア)は、そのGPファイナルでSP37.46、FS74.96、計 113.42点で宮原との差は2点弱だった。

左股関節の疲労骨折の影響で本格的なジャンプ練習ができない間にスピンやステップ、そして表現力を磨いたそうだが、その効果がプログラムコンポーネンツのレベルアップにつながっている。技術点とは違い、この部分の得点は、そのシーズンの実績がジャッジへの印象として大きな影響を与えるとされている。その意味では宮原はすでに五輪前にひとつのアドバンテージを握っているのだ。

宮原は五輪代表決定後に「五輪は今からワクワクしている。どんな舞台か想像できないが、感謝の気持ちを演技に出して精いっぱい頑張りたい。(GPシリーズで戦ってきた)これまでと相手は変わらない。楽しみたい」と語っている。その「楽しみたい」という心理が宮原の場合、本番でさらなるプラスに働くだろう。

一方、樋口新葉(17、日本橋女学館高)との代表争いから抜け出して、一気に注目のヒロインとなった坂本の可能性はどうだろう。前述の中庭氏は今季の成長と進化に目を見張る。

「シニアに転向後、短い期間で驚くほど成長しました。特にGPシリーズ開幕からの約3か月間の成長度は群を抜いていました。全日本では思い切りがよくメンタルの強さが際立ちました。こういう選手は五輪という舞台でも自分の演技が出来ます。持っている力を出せるのではないでしょうか」

坂本はSPではジャンプをすべて基礎点が1、1倍になる後半に入れるなど攻めのプログラムに挑んできた。シニア転向後初となるGPシリーズの初戦、10月のロステレコム杯ではフリーの冒頭の3回転フリップで転倒、3回転ルッツ、後半の3回転ループでもミスを続けて合計得点を200点に乗せることができず(194.00)5位に終わり悔し泣きをした。だが、約1か月後のスケートアメリカではジャンプをパーフェクトに決めて計210.59で2位に入った。大会経験を積むごとに確実にステップアップしてきた。

その坂本の長所はどこなのか。

中庭氏は「男子選手なみの清々しさ、気持ち良さを印象づけるジャンプです」と言う。

「高さ、滞空時間、そしてクリアなランディング。すべてで異彩を放っています。ルッツジャンプの入りに若干課題があり、全日本のフリーでも踏切エッジの軽度のエラーをとられましたが、回転不足も含めて不安のないジャンプなのです。課題は宮原さんと対照的にプログラムコンポーネンツの部分でしょう。ただフリーで使っているフランス映画《アメリ》の世界を表現している、お人形のような動きが、かなり成長して見えます。世界でもかなり高い位置につけていると見ています」

その滞空時間の長いジャンプはライバルのロシア勢と比べても異彩を放っているという。
坂本も、「選ばれたからには責任があります。しっかりと自分の演技をしたいです。ジャンプの安定感を上げていきたい」と五輪に向けて強い覚悟を口にしている。

2人は1月24日から台湾で行われる四大陸選手権を最後の“前哨戦”に位置づけて平昌五輪へ挑むことになる。平昌五輪のフィギュア競技は2月9日に団体戦がスタート。団体戦の女子ショートは2月11日、上位5チームの決勝へ進めば2月12日が決勝で男女フリーがある。注目の女子シングルは2月21日のSP、中1日空けて23日にフリー。その2月23日が女子のメダルを決めるクライマックスとなる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

フィギュアスケートカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
NYタイムズに皮肉を書かれた羽生結弦
ISU欧州フィギュアスケート選手権2018 男子シングルプレビュー
高梨沙羅4位完敗も団体戦へ「力合わせいい結果を」
【ISU欧州フィギュアスケート選手権2018】女子シングル 選手コメント<ショート:上位選手5名>
ネイサン・チェン、羽生結弦に勝って感じた「気まずい思い」とは?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加