中大始動、プロ注目伊藤優輔が昨年4月以来ブルペン

中大始動、プロ注目伊藤優輔が昨年4月以来ブルペン

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/01/12
No image

昨年4月以来となるブルペン投球を行った中大・伊藤(撮影・和田美保)

東都大学リーグの中大が12日、東京・八王子市内の同大グラウンドで18年最初の全体練習を開始した。

数日間の自主練習を経て集合した選手たちは精力的に練習を行った。

清水達也監督は「良く動けていると思う。それぞれが、しっかり練習してきた」と話した。プロ注目の伊藤優輔投手(3年=小山台)は昨年4月以来のブルペン投球を行った。昨年4月の試合中に左膝に打球を当て膝蓋(しつがい)骨骨折と診断。戦線を離脱していたが、年明けに医師から本格的な投球練習再開のゴーサインが出た。「投げる上での怖さは全くない。たまっていたものがようやくはき出せた」と笑顔を見せた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
侍ジャパン、3月のオーストラリア代表と強化試合 チケット発売要項を発表
DeNAに横浜の誇り、キャップロゴを「Y」に変更
地元・仙台で駆け抜けた7年間 愛された元楽天29歳の足跡
三田友梨佳、白鵬「かち上げ問題」への見事な講釈に安藤優子も脱帽!
清宮が1軍キャンプ内定!日本ハム高卒新人野手では中田以来10年ぶり
  • このエントリーをはてなブックマークに追加