最新ランキングをチェックしよう
王蟲そっくり!超低温や宇宙でも生きる 地上最強クマムシをゲノム解析

王蟲そっくり!超低温や宇宙でも生きる 地上最強クマムシをゲノム解析

  • ハザードラボ
  • 更新日:2017/08/11

クマムシは、極端に乾燥した環境でも水分量 1〜2%程度まで耐えられる。この乾眠状態になると、氷点下273℃〜100℃の温度、真空から 75000 気圧、数千グレイの放射線など、さまざまな極限環境に耐性がある(慶應大)極端な乾燥や低温環境にさらされて脱水し、仮死状態になっても、水分を補給すると復活する世界最強生物のクマムシについて、慶應義塾大学や英エジンバラ大学などの共同チームは、遺伝子情報の解読を

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
精子と卵子の受精は無作為に行われているのではない可能性を示す研究が登場
探し物が見つからない!物体を透明にする方法が発見される(イスラエル研究)
ホンモノ?ニセモノ?日本発の「量子コンピューター」めぐり疑問噴出
観測史上初、太陽系外から小惑星が飛来 全長400メートルの葉巻形
実験室で培養された”ミニブレイン(脳)”が解き明かす人間の独自性(米研究)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加