さんまの“嫌なことの捉え方”に「格言や」「心に響いた」と感動の声

さんまの“嫌なことの捉え方”に「格言や」「心に響いた」と感動の声

  • マイナビニュース
  • 更新日:2018/05/27
No image

お笑いタレントの明石家さんまが、26日に放送されたフジテレビ系バラエティ特番『さんま&女芸人お泊まり会~初めて後輩に語る、62年走り続けた男の人生哲学~』(21:00~23:40)で、嫌なこととの向き合い方を明かした。

明石家さんま

さんまと女芸人17人が1泊2日の箱根旅行を繰り広げながら本音を語る同番組。箱根のパワースポット・九頭龍神社を訪れた際、さんまは「神様にはお願いしない」と明かし、初詣や厄払いも「行ったことない」と話した。

嫌なことが起きないのか聞かれると、「起きてるよ、いっぱい」とさんま。そして、「嫌なまま、ダメなまま過ごす方が楽しいと考えろ。嫌なことを楽しいと思ったら、もうあとは何があっても平気やねん」と嫌なことの捉え方を明かし、「俺はそうしてきた。地獄を見過ぎたから、若い時」と続けた。

さんまの言葉に、女芸人たちは「すごい」と感嘆。SNS上でも、「さんまさん、すごいな!やっぱり考え方ひとつで違うなー」「本当に尊敬」「嫌なことを楽しいと思う。格言や」「さんまさんってすごいねぇ」「心に響いた」「さんまさんすげぇです」「深いなあ」「さんまちゃんてすごいな さりげなく名言が飛び出すね」「明石家さんまの言葉が心に突き刺さった」「さんまさん格言。流石。ありがとう」などと感動の声が上がった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テレビカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
キムタク新ドラマ「星降るレストラン」の役柄に世間は「もう飽きた」の声
『ぐるナイ』の橋本環奈に不満の声続出!?「金額関係なく“クビ”にするべき」
『幸色のワンルーム』放送中止に批判の嵐......弁護士・太田啓子氏が「誘拐肯定」の意味を語る
「反省会」に2代目“お尻が汚すぎるアイドル”登場、引退危機に有吉が虚ろな目
「NHKが映らないテレビ」をソニーが作る...かも? 株主総会での株主提案が話題に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加