ドア開けたら雅子さまが...小和田家のお向かいさん語る思い出

ドア開けたら雅子さまが...小和田家のお向かいさん語る思い出

  • 女性自身
  • 更新日:2019/10/24

「雅子さまのご婚約内定報道からご成婚まで、家の周りは報道陣と見物人で埋め尽くされていました。家の前の通りの出入りには、地元の住人でも通行証が必要で、熱に浮かされるような、普通では経験できないような半年でした」
1993年のご成婚当時を振り返るのは、小和田家の“お向かいさん”である、小林須美子さんだ。
「お妃教育で皇居に向かわれる時間を見計らって、うちのベランダから雅子さまをお見送りしました。すると

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加