イニエスタはどうなる? 連敗脱出も「バルサ化」とはほど遠い神戸の今

イニエスタはどうなる? 連敗脱出も「バルサ化」とはほど遠い神戸の今

  • Sportiva
  • 更新日:2019/05/27

J1リーグ第13節、公式戦9連敗中と光が見えないヴィッセル神戸がホームに迎えたのは、前節”誤審”がありながら奇跡の大逆転を演じた湘南ベルマーレ。

ともに中3日という厳しいスケジュールと猛暑の中での一戦となった。神戸は今季初の3バックで臨み、両アウトサイドのスタートポジションを高い位置に置いた。

No image

湘南ベルマーレ戦で3点目を挙げて喜ぶダビド・ビジャ(ヴィッセル神戸)

試合は予想どおり、湘南がハードワークに徹して、前線から積極的にプレスをかけ、神戸のミスを誘いながら、シンプルな攻撃で主導権を握った。中盤でのボールの奪い合いで後手を踏んだ神戸は、重心が後ろになる。前線にボールが出てもサポートがなく、攻撃は個人の力に頼るだけだった。ただ、湘南もチャンスは作るが、決めきれないまま、前半を0-0で折り返した。

後半に入ると、神戸はセルジ・サンペールに代え安井拓也を投入する。これで流れは一気に神戸に傾いた。後半9分、右サイドで山口蛍とのワンツーから抜け出した西大伍のクロスに、ウェリントンが右足アウトで合わせて先制した。

湘南は後半15分に得たフリーキックを杉岡大暉が蹴ったが、惜しくもポストを叩いた。さらに後半22分には2枚替えで勝負に出るが、流れは変わらない。

すると個の力、攻撃のバリエーションで上回る神戸が怒涛の攻めに出る。後半28分、山口からのパスをウェリントンがヒールで流し、三田啓貴が中央でダイレクトシュート決め2点目。その3分後には、途中出場の橋本和のパスを受けたダビド・ビジャが、ペナルティエリアまで持ち込んで右足の鮮やかなシュートを決める。さらに後半41分、途中出場のルーカス・ポドルスキの正確なクロスを、ウェリントンがヘッドで決めてとどめを刺した。

神戸はこれで長いトンネルを抜け出した。湘南も試合終了間際に1点を返したが、後半はガス欠になったのか、自分たちのサッカーができなかった。

この試合のポイントは、やはりサンペールに代えて安井を投入したことだ。そのままボランチに入ったものの、積極的に攻撃に顔を出し、後ろに重かったチームを前に向かせた。

前半は選手の距離感が遠く、前線にボールが入ってもサポートや追い越す動きがなく、いかにもバランスが悪かった。3バックにして両アウトサイドを高い位置に置いた意味もなかった。

だが安井は、前線でボールを持っている選手のサポートに入り、時には積極的に追い越してボールを引き出していた。彼が入ったことで選手感の距離が近くなり、神戸本来のパス回しができるようになった。それが2点目のゴールを生んだと言える。また、両アウトサイドも常に高い位置を取れるようになり、ウェリントン、ビジャのよさを引き出した。

神戸を泥沼から救ったのは、無名の20歳の若者だった。そして、その安井を思い切って後半から使った吉田孝行監督の采配がズバリ当たったといえる。

ただ、これで神戸が復活したとは言えない。「バルサ化」とはほど遠い3バックが機能したことで、次節もこのシステムでいく可能性は高いだろう。だが、アンドレス・イニエスタ、ポドルスキが完全復帰したときも、このシステムで戦うのだとしたら、おそらく機能しないだろう。さらに、この日の湘南戦で2ゴール1アシストの活躍を見せたウェリントンも外せなくなった。

運動量のある日本人の使い方、外国人の起用法など、まだまだ吉田監督が頭を悩ませることは多そうだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
トゥーロン&コパ代表には「選ばれなくて当たり前」鹿島の五輪世代DF町田浩樹、控えSBで奮闘中
震度6弱山形県鶴岡市本拠地のモンテディオ山形、選手とスタッフの無事を報告
菅原由勢、オランダ1部に移籍「成長するには日本を出て世界に行かなければ...」
2年生3人のゴールで九国大付撃破!大津が14年ぶりV!:九州
【ACL】“勝負強さ”って何? 枠内シュート1本の広島に対し、鹿島が提示した答え
  • このエントリーをはてなブックマークに追加