柔道・ウルフ 五輪代表選考へ心境「自分が漏れていたら、代表になりたいと思わない」

柔道・ウルフ 五輪代表選考へ心境「自分が漏れていたら、代表になりたいと思わない」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/03/27
No image

東京五輪の延期について語るウルフ・アロン

東京五輪の柔道男子100キロ級代表に内定している元世界王者のウルフ・アロン(24)=了徳寺大職=が26日、出身地の東京・葛飾区で取材に応じた。全種目を通じて代表内定選手が五輪延期発表後に、公の場で取材に応じるのは初めて。

柔道は14階級中、ウルフも含めて13階級で代表内定者が決まっているが、再選考を行う可能性も浮上している。ウルフは「仮になっても勝ち抜ける自信はある」と前置きした上で「延期になっても(名称は)20年大会。20年までに強かった選手を出すのがセオリー。自分がもし代表から漏れている選手だとしたら、そこから代表になりたいとは思わない」と、けん制した。

そして、現状で方針を示されていない状況に「柔道は判断が遅い」と、不満をにじませた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
活動休止のW1 無観客の最終戦に武藤「全観客が泣く試合したかった」
“聖地の地元”文京区会議員の西村修 自粛ムードの中開催「大いに歓迎」
W1活動休止...近藤は引退示唆、稲葉、土肥、羆嵐らはフリー、征矢は牛丼店経営?
渡嘉敷勝男が「日本人NO1ハードパンチャー」激白!彼の「鮮烈KO劇」とは?
W-1無観客のラスト...総帥の武藤「観客が泣くような試合したかった」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加